このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2019 > 自動車 > 三菱 > 三菱、バギータイプの電動SUVをワールドプレミア。発電には小型ガスタービンを使用

ここから本文です

かっこいいね!(268pt)

投票は終了いたしました。

三菱 MI-TECH コンセプト

三菱自動車は、23日のプレスデーで幕を開けた東京モーターショー2019において、バギータイプの電動SUV「MI-TECH CONCEPT(マイ テックコンセプト)」を世界初披露した。

「マイ テックコンセプト」は、三菱自動車がモーターショー開幕前からその登場を予告していたオープンモデル。“光と風を感じながら大地を駆け抜ける電動SUV”という触れ込みで出展予定だったその正体は、バギータイプのSUVだった。

デザインは、最近の三菱車に通じるフロントマスクが特徴的。フルオープンでかつ、ドアさえもつかないストイックな車体は、脱着式ドアを備えていたかつての「三菱ジープ」を思い起こさせるもの。SUVと電動化に力を入れている三菱らしいコンセプトカーだ。

インテリアは、すっきりシンプルにまとめられ、操作型もミニマム。一方、フロントのウインドウシールドに運転に関する情報をグラフィカルに表示するなど、ただシンプルなだけでなく、ハイテクを織り交ぜたものとなっている。

パワートレインは、三菱の得意とするPHEVを搭載するが、発電機は従来のガソリンエンジンではなく、小型のガスタービンを取り入れるなど、新しい試みが取られている。そのメリットは、サイズや重量あたりの出力が大きいことで、ガソリンだけでなく軽油や灯油、アルコールなど様々な燃料を使用できる点もユニークだ。

一方、駆動系には電動4WDシステムを採用。これは前後輪にそれぞれ搭載するモーター2基で駆動し、走破性を高めると共に、車両運動統合制御システム「S-AWC」と連携し、旋回性能とトラクション向上が図られている。メーカーによれば、その場で180度回転できるなど、新感覚の走行体験も楽しめるとのことだ。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ