このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2019 > 自動車 > 三菱 > 予告通り屋根なしドアなしで登場した三菱のEVバギー。4モーター四駆とガスタービンHVが目玉

ここから本文です

かっこいいね!(268pt)

投票は終了いたしました。

三菱 MI-TECH コンセプト

バギー風SUVの純粋なスタディモデル

真横のシルエット写真のみが公開されていた三菱のコンセプトカーが発表されました。ハイトのあるクーペSUVボディをベースに、ルーフやドアをもたない、バギー風のデザインになっています。

この大胆なデザインから今後の市販モデルをイメージするのはちょっと難しそうですが、サイドにほぼ水平に走るキャラクターラインや、同じく水平でハイトのあるボンネットなど、実車を目の前にすると、もしかしたら採用されそうなエッセンスも散見されます。グリル周りのダイナミックシールドの処理などは、同社から今後出るEVのモチーフにもなりそう。

発電に向くガスタービンエンジンのHVを提案

技術的なトピックは2つで、まずは小型のガスタービンエンジンを使った軽量コンパクトなPHEVシステムをもつこと。ガスタービンエンジンはガソリンだけじゃなく、軽油や灯油、アルコールも燃やせる柔軟性をもっているそうです。

もう一つはモーター2基で構成するデュアルモーターAYCを前輪と後輪それぞれに積んで、4輪それぞれを駆動するクアッドモーター4WDシステムを積むこと。走破性はもちろん、左右のタイヤを逆転することで、その場で180度回転ができるなどの利点もあります。

ほかにも、フロントガラスにクルマの挙動や地形情報をAR表示するなど、モーターショーらしいコンセプトが盛りだくさんの一台となっています。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ