このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2019 > 自動車 > 三菱 > 三菱「MI-TECH コンセプト」は4モーターで抜群の悪路走破性を実現。ダカール・ラリーへの期待も?

ここから本文です

かっこいいね!(154pt)

投票は終了いたしました。

三菱 MI-TECH コンセプト

三菱「MI-TECH コンセプト」は4モーターで抜群の悪路走破性を実現。ダカール・ラリーへの期待も?

ガスタービンエンジンで発電する新しいプラグインハイブリッドカー

電動車両に注力することで、ブランド価値を高める三菱自動車工業。とくにプラグインハイブリットは同社の柱となっている。東京モーターショーで世界初公開した「MI-TECHコンセプト」は、まさにプラグインハイブリッドの新しいカタチを提案するコンセプトカーだ。

電動パワートレインの特徴は、前後独立したデュアルモーターAYCを採用していること。つまり4モーターのAWDだ。これにより前後とも、左右のトルクベクタリングが可能となり、対角線でタイヤが浮いてしまうような悪路であってもスムーズに走り抜ける走破性を実現しているという。

しかし、より注目なのは発電に用いるエンジンに、ガスタービンを採用していることだ。ガスタービンエンジンは、小型・軽量が特徴のエンジンで、燃料の適応性も高い。つまり、道なき道を走破して、まともな燃料が確保できないような場所に行っても走り続けることができるタフなパワーユニットといえる。

ちなみに、ボディ後方のファンはガスタービンの熱を排出するため。こうした装備を見ると、さぞかしうるさいエンジンと思うかもしれないが、ガスタービンが定常運転で発する排気音は、20kH z以上だという。つまり、普通の人間は聴き取ることができない超高音となっている。ガスタービンというと、起動時のキーンとあうサウンドを思い浮かべるかもしれないが、いったん走り出してしまえば、意外に静かなクルマとなっているのだ。

完全オープンのバギースタイルで、自然の中をトレイルするように走っているときでも、パワートレインのノイズが興醒めになるということはなさそうだ。

また、ガスタービンは連続運転でこそ旨みの出るエンジンで、チョイ乗りには向かないのが基本だが、このコンセプトカーはプラグインハイブリッドであり、チョイ乗りは外部充電したバッテリーの電力だけで走ることができる。そのバッテリーについてもボディサイズから想像するよりも積んでいるようで、100km以上はバッテリーだけで走行できるという。

しかし、こうして成り立ちを見ていると、そのスタイルから想像するよりずっと三菱自動車のプラグインハイブリッドの近未来を示している。勝手な想像だが、バギースタイルなのも、ダカールラリーのバギー部門への参戦を意識しているように思えてくる。

文:山本晋也(自動車コミュニケータ・コラムニスト)

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ