このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2019 > 自動車 > ホンダ > ホンダ、新型フィットを初公開。目指したのは“心地よさ”

ここから本文です

かっこいいね!(75pt)

投票は終了いたしました。

ホンダ フィット BASIC

ホンダは10月23日、プレスデーで開幕した第46回東京モーターショーにおいて、フルモデルチェンジした新型「フィット」を世界初披露した。

2001年にデビューした初代から数えて4代目となる新型フィットは、コンパクトなボディサイズと広い室内空間を両立した現行モデルの美点はそのままに、最先端の運転支援システムやコネクテッド機能を搭載し、快適性や利便性を高めた。

新型の開発にあたってホンダのエンジニアが重視したのは、「心地よい視界」「座り心地」「乗り心地」「使い心地」からなる4つの心地よさ。その実現のため、フロントピラーを従来とは異なる断面構造としたほか、車内から見えにくいワイパー、面で身体を保持するシート形状、ストレスなく使える豊富な収納スペースを用意した。

新開発の2モーター式ハイブリッドモデルでは、デイリーユースのほぼすべてをモーター走行のみでカバーできる性能を確保したという。

また、顧客ニーズにきめ細かく対応すべく、新型は装備内容により5つのタイプを設定。具体的には基本性能を備えた「BASIC(ベーシック)」、ナチュラルテイストの「HOME(ホーム)」、ファッショナブルな「NESS(ネス)」、オフロードイメージを高めた「CROSSTAR(クロスター)」、ラグジュアリーな「LUXE(リュクス)」が用意される。

運転支援システムとしてはフロントワイドビューカメラを備えた「Honda SENSING」を採用。メーカーとして初めて障害物の見落としによる近距離衝突の回避を支援するシステムを全グレードで標準装備し、安心・安全性能を底上げした。加えて、専用通信モジュール「Honda CONNECT」も日本初搭載。スマホからのコントロールを可能としたほか、事故などの緊急事態に車両が自動的にオペレーターへ連絡する機能などを備える。

このように着実な進化を遂げた新型フィット。奇しくもほぼ同じタイミングでトヨタはフィットのライバルとなるヴィッツ改め「ヤリス」を市場に送り込んできた。国産ハッチの販売競争はますます苛烈さを増しそうだ。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ