このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2019 > 自動車 > 日産 > 日産、軽のEVコンセプト「IMk」を初披露。リーフなどで培ってきた電動化技術を活かし軽もEV化へ

ここから本文です

かっこいいね!(229pt)

投票は終了いたしました。

日産 ニッサン IMk

日産は10月23日のプレスデーで幕を開けた東京モーターショー2019において、軽のピュアEVコンセプト「ニッサンIMk」を世界初披露した。

国内新車販売の4割近くを占める軽自動車にも、いよいよ電動化の波が押し寄せるかもしれない。軽カテゴリーで大人気のトールワゴンスタイルを採るニッサンIMkは、そんな予感をさせるコンセプトだ。

エクステリアは、古来より使われている金属「アカガネ」をイメージしたというボディカラーで上質感溢れる仕上がりとされた。また、バンパーやホイールなどのスリットパターンは「水引」からインスピレーションを得ており、和のエッセンスがそこかしこに感じられる。ディメンションは3,434mm×1,512mm×1,644mmと、全長と全幅が軽規格をわずかに超えるものの、これはコンセプトならではの魅せるデザインによるものだろう。

一方のインテリアでは、一切の物理スイッチが廃され、プリズムディスプレイによるホログラム調の表示がインストルメントパネルの役割を果たす。くつろいで過ごす部屋を目指してデザインしたという室内空間は、日本家屋の縁側や障子に範を取って、乗員に奥行きや広がりを感じさせるしつらえとなっている。

パワートレーンには、「リーフ」などで培ってきた日産の電動化技術を活かして新規に開発したとアナウンスされ、低重心のパッケージングやモーターならではのトルク特性により軽自動車の概念を覆す走りを実現したという。

軽自動車というクラスの枠を超えた最先端のコネクティビティも特徴で、スマホと連携してシートポジションから車内の香りまでパーソナライズすることが可能。渋滞状況などを考慮してスケジュール管理ソフトへ最適な出発時間を通知することもできる。

同時に発表された「アリア・コンセプト」が生産化を明言されているのに対し、IMkに関しては今のところそのような情報はない。だが、将来的には軽もEV化するのは時代の流れだろう。先陣を切るのは日産か。今後の動向に注目だ。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ