このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2019 > 自動車 > 日産 > プロパイロット2.0にGT-Rで培った4WD制御…日産、クロスオーバーEV「アリア コンセプト」を世界初披露

ここから本文です

かっこいいね!(401pt)

投票は終了いたしました。

日産 アリアコンセプト

日産自動車は10月23日、プレスデイで幕を開けた東京モーターショー2019で、クロスオーバーEVのコンセプトカー「ニッサン アリア コンセプト」を披露した。

アリア コンセプトは、将来市販化を視野に入れたコンセプトモデルということだから、市販モデルの開発も進行しているのだろう。パワートレインについてスペック詳細は明らかにされていないが、前後に高出力モーターを配置した4輪制御システムを採用する。瞬時に緻密なトルクコントロールが可能な電動モーターを搭載するため、優れた発進・加速性能と、滑りやすい路面でのトラクション性能を確保しているとのこと。4WDの制御にはGT-Rやエクストレイルで培ったノウハウも生かされているとのことだ。

また、運転支援システム「プロパイロット2.0」を搭載し、高速道路でナビ連動ルート走行を開始すると、インターを出るまで、追い越しや分岐まで含めて同一車線内でのハンズオフ運転が可能となる。

このほかクルマに乗り込むだけでナビゲーションを開始する機能や、シート位置やエアコンなどの設定を個人のプロフィールに合わせて自動セットする機能など、快適・利便性が大幅に向上する見通しだ。日産の持てる技術を最大限に発揮した1台に仕上がっているといえるだろう。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ