このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2019 > 自動車 > レクサス > レクサス、2030年を見据えたハイテクEVを東京モーターショーで初披露

ここから本文です

かっこいいね!(86pt)

投票は終了いたしました。

レクサス LF-30

トヨタ自動車は10月23日、プレスデーが開幕した東京モーターショーにおいて、レクサスブランドの新型EVコンセプト「LF-30 Electrified(LF-30エレクトリファイド)」を世界初披露した。

LF-30エレクトリファイドは、電動化時代のプレミアムカー像を示すフルEVコンセプト。すべてのラインナップにハイブリッドを用意するなど、レクサスは電動化を進めてきたが、本年11月には初のフルEVモデルを発表する予定。今回のLF-30エレクトリファイドは、さらにその一歩先の2030年を見据えた電動モデルの姿を提示している。

全長5,090㎜×全幅1,995㎜×全高1,600㎜のディメンションを持つエクステリアの特徴は、なんといっても一筆書きをそのまま3次元に起こしたかのようなデザイン。レクサスがブランドアイコンとして展開しているスピンドルグリルを、ボディ全体のアーキテクチャーとして進化させ、タイヤからキャビン、そしてドライバーへ流れるエネルギーフローを表現している。斬新なだけでなく優れた空力性能や冷却性能も兼ね備えている。またガルウイングドアやボンネットレスの滑らかなフォルムも大胆だ。

さらに、透過率を調整できるサイドウインドウや、車外から走行モードを認識できるよう発光パターンが変化するフロントフェイスなど、さながらハイテクのショーケースのようなクルマに仕上がっている。

2.4トンのウェイトを持つボディは、400kW/700Nmのトータル出力を持つ4輪のインホイールモーターによって駆動され、0-100km/h加速は3.8秒、最高速度は200km/hと発表される。新採用された車両運動制御技術(Lexus Advanced Posture Control)は、走行シーンに応じてFF、FR、AWDを切替えるなど前後の駆動力を完全に独立して制御するもので、今後レクサスEVのコア技術として市販モデルに搭載されるとのことだ。

ほかにも、機械的接続を廃し自動運転時には前方へ移動するステアリングや、人工筋で搭乗者の体型へ自動的にフィットするリアシートといった最先端技術が惜しみなく与えられている。

リリースされた情報だけでもワクワクするような内容のLF-30エレクトリファイド。近未来のレクサスの姿を東京モーターショー会場で大いにアピールしていた。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ