このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2019 > 自動車 > トヨタ > 新型トヨタ ヤリス展示 ACCは30km/h未満非対応ながら新TNGAボディの走りに期待

ここから本文です

かっこいいね!(145pt)

投票は終了いたしました。

トヨタ ヤリス

10月16日に発表された新型トヨタ「ヤリス」。日本でのモデル名は「ヴィッツ」でしたが、4世代目となる今回から、世界共通名のヤリスに改められ、TNGAプラットフォーム「GA-B」、エンジン、トランスミッション、ハイブリッドシステム、サスペンションなど、ゼロベースで刷新されました。

ボディサイズは先代と変わらない全長3940×全幅1695×全高1500mm、ホイールベースは40mm長い2550mm。ボディもエンジンもハイブリッドもTNGAで一新したボディは50kg軽量化され、新設計のサスペンションとともに、走りや操縦性、乗り心地でもひとクラス上の走りを目指しています。

パワートレーンは3種類で、1.5L直列3気筒直噴ガソリンエンジン+新開発の発進ギア付CVT/6速MT、全面新開発の1.5Lハイブリッドシステム、改良型の1.0L直列3気筒エンジン+新開発のコンパクトなCVTという組み合わせ。中でもハイブリッドは世界最高レベルの低燃費となっています。

また、1.5Lガソリンモデルに加えて、今回からハイブリッドモデルでも4WD(E-FOUR)が選べるようになりました。さらに、ハイブリッドは非常時やアウトドアで便利な1500Wのコンセントをオプションで装着可能です。

先進安全面も充実していますが、一方で、電気式パーキングブレーキの採用は見送られ、これに伴ってACCも30km/h以下では作動しない1世代前のタイプとなっています。軽自動車も最新モデルでは全車速追従型ACCの採用が始まっているだけに、日本市場では販売のウィークポイントになるかもしれません。

とはいえ、新たなTNGAボディと刷新されたパワートレーンを搭載した新型ヤリスの走りには期待が高まります。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ