このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2019 > 自動車 > トヨタ > トヨタの水素燃料電池車「ミライ」の次期型はデザインも性能もぜんぜん違う高級車になる

ここから本文です

かっこいいね!(114pt)

投票は終了いたしました。

トヨタ MIRAI コンセプト

初代とはサイズも雰囲気もまったく違うクルマに!

トヨタの水素燃料電池自動車(FCV)「ミライ」の次期モデルとなる最終段階のコンセプトカー「ミライ コンセプト」が発表されました。事前情報なども飛び交っていたのでご存知の方も多かったようですが、今度のミライはぜんぜん違うクルマになります。

全長4975(+85)×全幅1885×全高1470(-65)mmというクラウンを上回るボディサイズで、ホイールベースはクラウンと同じ2920(+140)mm。乗車定員も1名増え、きっちり5名乗りとなりました。ちなみに、航続距離も30%延長されたので、単純計算で約845kmも走ることになります。※()内は現行ミライ比。

プラットフォームはクラウンやLSと同じものを採用

開発陣が「思わず振り返るスタイリング」と胸を張るスタイリングは、ファストバック風のスリークなセダンで、サイドのウインドウグラフィックやピラーの入り方は、同じプラットフォームを使う「クラウン」や「レクサス LS」に近いものがあります。

編集的には特にサイドビューやドア周りのラインにもう少し抑揚やシャープさが欲しい気もしましたが、取材会場では百戦錬磨の記者達がおおっという感じにウケていた模様。細いフィンを幾重にも重ねた台形グリルと薄型のヘッドライトの組み合わせが、なんとなくサメを思わせるというか、高級感と近未来感を感じさせます。

水素は未来の日本の切り札。次期ミライの発売は来年末

「世界的にEV(電気自動車)が盛り上がってるのに、なんでトヨタはFCV(燃料電池車)?」という疑問も聞こえてきそうですが、様々な資源からつくることができて、使用時にCO2を出さない水素は、未来の日本にとって切り札となるエネルギーとして、国家戦略にもなっているのでした。

エコの救世主に祭り上げられているEVも、充電に時間がかかることはもちろん、大量に販売されれば発電所の能力や経済性、電池の資源リサイクルといった問題も待ったなしです。EVもFCVもガソリンもディーゼルも、適材適所でうまくミックスしていくことが、エネルギー資源の大部分を輸入に頼っている日本のような国には重要なんですね。

ミライ コンセプトの実車は東京モーターショーで初公開され、市販モデルは2020年末から、日本や北米、欧州などで発売されます。開発陣によれば乗っても「思わず踏み込みたくなる新感覚の走り」があるとのことで、来年の試乗会に乞うご期待です。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ