このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2019 > 自動車 > トヨタ車体 > 「グランエース」はアルファードのキャプテンシートを4つ持つ!

ここから本文です

かっこいいね!(253pt)

投票は終了いたしました。

トヨタ車体 グランエース

トヨタのニューモデル「グランエース」はアルファードのキャプテンシートを4つ持つ!

4名のVIPを送迎できる貴重なハイエンド・ミニバン

トヨタから市販が宣言されている新しい大型ミニバン「グランエース」、その姿は東京モーターショーの青海展示棟、トヨタ車体のブースで確認できる。ボディ自体は海外で新型ハイエースとして売られているものだが、日本仕様に合わせてインテリア加飾などディテールを磨いている。

その特徴を一言で表現すれば、4人のVIPに対応できるミニバンとなる。LLクラスのミニバンとして人気のトヨタ・アルファード/ヴェルファイアは2列目シートこそラグジュアリーだか、3列目はVIPのシートとしては心許ない。しかし、グランエースは2列目、3列目に同格のキャプテンシートが備わっているのだ。

しかも、グランエースのキャプテンシートについて説明員の方に伺ったところ、アルファードの2列目と骨格が共通だという。つまり、グランエースのキャビンには、アルファードにおける主賓席といえるシートが4脚並んでいることになるのだ。アルファードの2列目シート相当ということで、もちろんオットマンも装備されている。

さらに、サスペンションのセッティングも、こうしたシートを採用したことを考慮しているというから、ハイヤーのような用途にも十分に対応できそうだ。

また、後席用モニターをルーフから吊り下げるために、ライニングの形状も日本仕様専用に設計されているという。十分に広い空間を、おもてなしの精神で磨き上げている。

ちなみに、グランエースをフロントから見ると、ルーフ部分に“ちょんまげ”状の後付けパーツが見えるが、ここには通信用のアンテナが収められているという。最新のコネクテッドにも対応しているというわけだ。

文:山本晋也(自動車コミュニケータ・コラムニスト)

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ