このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2019 > 自動車 > ルノー > ルノー、FF最強の座を争う「メガーヌ・ルノースポール・トロフィー」を国内初披露

ここから本文です

かっこいいね!(118pt)

投票は終了いたしました。

ルノー メガーヌ ルノー・スポール トロフィー

ルノー・ジャポンは、11月4日に閉幕した東京モーターショーで、Cセグメントハッチ「メガーヌ」のハードコアモデルとなる「メガーヌ・ルノースポール・トロフィー」を国内初披露した。

メガーヌ・ルノースポールは、「ゴルフGTI」や「シビック・タイプR」などと量産FF最強の座を常に争っているフレンチロケット。最近では、本年4月にトロフィーRがニュルブルクリンク北コースのFF車による最速ラップを更新し、ルノーファンは大いに溜飲を下げた。

今回ショーへ出展されたルノースポール・トロフィーのフロントに収まるのは、そのトロフィーRと同じ300馬力/420Nmの1.8L直4ターボ(6速MT車は400Nm)。セラミックボールベアリングシステムを取り入れたターボチャージャーの搭載などにより、これまで国内最強のメガーヌだった素の「ルノースポール」に比べ、21馬力/30Nmの強化を果たしており、ニュル最速のDNAを受け継ぐユニットといえる。

シャシーにはダンパー、スプリング、アンチロールバーのレートを高めた「シャシーカップ」を採用。トルセンLSDや前輪がアルミ製ハブとなる鋳鉄製ベンチレーテッドディスクブレーキなどのほか、電子制御後輪操舵システムも備え、走行性能の引上げが徹底されている。排気系には機械式バルブにより任意のサウンドを選択できるスポーツエギゾーストを装着。バッテリーもスーパーキャパシタを組み合わせた8.4kgの軽量タイプに換装済みだ。

インテリアには、1脚23.5kgと軽量なアルカンタラ表皮のRECARO製フロントバケットシートが奢られ、ステアリングホイールもナパレザーとアルカンタラのコンビ仕様になるなど、スポーツムードが満点。そのほかにも、専用デザインの19インチアロイホイールや「TROPHY」デカールといった特別装備が付与される。

用意されるボディーカラーはジョン・シリウス(黄)、ブラン・ナクレ(白)、グリ・チタニアム(グレー)の3色。注目の税込価格は6速ATが499万円、6速MTが489万円と発表されている。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ