このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2019 > 自動車 > ダイハツ > ダイハツのコンセプトカー4台、編集部も期待のミニバン、ワイワイは純粋なスタディモデルでした

ここから本文です

かっこいいね!(50pt)

投票は終了いたしました。

ダイハツ ブース

ダイハツのコンセプトカー4台も出そろいました。東京モーターショーらしくコンセプチュアルでファンタジー感のあるダイハツのコンセプトカーですが、実用化も含めた提案になっているのはパブリックトランスポーターの「イコイコ&ニポテ」と、次世代軽トラックの「ツムツム」とのこと。

中でもイコイコ&ニポテは、高齢者問題など日本の社会問題に対応する公共トランスポーターだけに、今後は各社から類似のコンセプトが様々な形で提案されそう。自動運転EVのイコイコの場合、エンジンルームやコックピットのスペースがないという特性上、軽自動車サイズながら広さが感じられます。

一方、編集部的にデザインや狙いが面白そうだった「ワイワイ」と「ワクワク」は、純コンセプトとして、あったらいいかもね、的な実現度と考えたほうがよさそうです。3列ミニバンのワイワイは「ムーヴキャンバス」の登録車版というサイズ感も良かっただけに残念。軽クロスオーバーのワクワクも、ジムニー対抗モデルの登場はすぐにはなさそうです。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ