このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2019 > 自動車 > ダイハツ > ビーゴそれともロッキー? もうすぐ発売されるダイハツの新型コンパクトSUVがサプライズ展示

ここから本文です

かっこいいね!(1211pt)

投票は終了いたしました。

ダイハツ ロッキー

ダイハツブースにサプライズ出展されていた、モデル名のないコンパクトSUV。DNGAプラットフォームを使ったコンパクトカー(登録車)の第1弾となりそうです。公表されているスペックは下記。

・全長×全幅×全高=3995×1695×1620mm
・ホイールベース=2525mm
・駆動方式=FF(4WDもあり)
・エンジン=1.0L 3気筒ターボ
・最高出力=98ps/6000rpm
・最大トルク=140Nm/2400-4000rpm
・トランスミッション=CVT
・タイヤサイズ=195/60R17

「(コンパクトSUVの)ビーゴ後継ですか?」の質問は「プラットフォームが最新世代のDNGAなので、後継ではありません」。「モデル名はビーゴではない?」には「なりません」。「トヨタバッジのモデルはあるんですか?」には「発表まで少しだけお待ちください!」などなど、ややモゴモゴという印象です。巷では「ロッキー」ではないかという噂もありますが、ごく近日という発表を待ちたいと思います。

エクステリアがちょっと「RAV4」を思わせる一方、6:4の分割可倒式リアシートをもつインテリアなどは、スモールSUVらしくシンプルな建付けでした。コンパクトハッチバックモデル狙いの人にも候補になりえる価格ということなので、「ブーン」とそれほど変わらない、200万円を下回りそうです。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ