このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2019 > 自動車 > スズキ > スズキ・ハスラー、新型はステレオカメラでACCを実現

ここから本文です

かっこいいね!(1217pt)

投票は終了いたしました。

スズキ ハスラー コンセプト

スズキ・ハスラー、新型はステレオカメラでACCを実現

ワクワクを提案するスズキ・ブース。そこには、市販間近としか見えない高い完成度の「ハスラー・コンセプト」が飾ってあった。エクステリアの第一印象は、まったくもってキープコンセプト。しかし、インテリアは確実にアップデートされている。

とくに目が留まるのは、ステアリングのスイッチだ。

ステアリングの右側には、追従型クルーズコントロール(ACC)、車線維持をアシストする機能をと思わせるスイッチが確認できるのた。説明員によれば、ACCは全車速対応だという。パーキングブレーキは足踏み式のため停止保持はブレーキペダルを踏むタイプになるだろうが、いずれにしてもスズキの軽自動車としては初めてのACCになる模様だ。

ちなみに、そのセンサーにはステレオカメラを使っている。ステレオカメラを利用する運転支援システムは、現行ハスラーでも使っている。その意味では、外観だけでなく運転支援システムにおいても正常進化

ハスラーの持つ、独自のキャラクターはそのままに、むしろアクティブなイメージを強調、ロングツーリングをアシストする全車速対応ACCは間違いなく利便性を上げるだろう。新型ハスラーの登場が、ますます待ち遠しくなる。

文:山本晋也(自動車コミュニケータ・コラムニスト)

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ