このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2019 > 自動車 > スズキ > スズキ、ワゴンとクーペが切り替え可能なコンパクトPHEV「WAKUスポ(ワクスポ)」を参考出品

ここから本文です

かっこいいね!(434pt)

投票は終了いたしました。

スズキ WAKUスポ(ワクスポ)

スズキはコンパクトなボディ(全長3700×全幅1650×全高1430mm、ホイールベース2460mm)に、車体形状やフロントマスク、インテリア表示の切り替え機能を装備した「WAKUスポ(ワクスポ)」を参考出品しました。

「3世代が共感し、楽しさワクワクを家族内でシェアリングできるクルマ」を目指したというワクスポは、クーペスタイルと使い勝手のよいワゴンスタイルをスイッチひとつで変更できるというユニークな機能が特徴。後席はスライドドアのため、クーペスタイル時でも乗り降りはスムーズ、ワゴンスタイルへの変更時にはリアシートが後方にスライドしながら自動でリクライニングし、室内の広さも変化します。

エクステリアは普遍的なクルマらしさを狙ったというシンプルな見た目ながら、フロントマスクの表情をチェンジできるというトリッキーな一面も。インテリアは、必要な情報だけを表示する木目調のデザインの標準時に対して、スポーツモード時には先進性を打ち出した全面大型モニターが現れて様々な車両情報を表示。未来でも運転する楽しさが味わえるよう配慮されています。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ