このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2019 > バイク・その他 > ホンダ > オフロード風味をプラスしたコンセプト、ホンダ CT125。ハンターカブを現代的に表現

ここから本文です

かっこいいね!(222pt)

投票は終了いたしました。

ホンダ CT125

かつてスーパーカブをベースに、オフロードの走破性にも配慮した装備を追加して、“ハンターカブ”の愛称で日本をはじめ広く海外でも人気を博していたホンダ「CT110」。そんな往年のファンには懐かしく、またCTシリーズを知らない世代には新鮮に映るであろうデュアルパーパスモデルをルーツに持つコンセプトモデル、ホンダ「CT125」が東京モーターショー2019でワールドプレミアされました。

一見、発売中のクロスカブ(50cc/110cc)と似ているようにも見えますが、CT125にはアップマフラーやヘッドライト、シンプルなスチール製フロントフェンダーやがっしりしたリアの幅広大型キャリア、エンジンガード風のアンダーパイプ、ハイマウント吸気ダクトにリアキャリアからダクトが伸びるサイドエアクリーナーなど、かつてのCT110を彷彿とさせる装備が多く装着されていて、両車の違いは意外と多いように見受けられます。

全体的にはかつてのCTシリーズのオフロードの走破性に配慮したアクティブなスタイルを現代的に再現し、アウトドアでも楽しめる機能性を併せ持ったトレッキングバイクでありながら、街中で気軽に使える緩さもあり、コンセプトモデルながら、使い勝手の高そうなかなり現実味の高い内容となっています。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ