このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2019 > バイク・その他 > グッドイヤー > グッドイヤーは未来感たっぷりのコンセプトタイヤ3種を出展

ここから本文です

かっこいいね!(2pt)

投票は終了いたしました。

グッドイヤー ブース

日本グッドイヤーは10月23日(水)から東京ビッグサイトで開催される、東京モーターショー2019に「”Freedom to Move” – モビリティの未来はもっと自由だ」をテーマにコンセプトタイヤの展示を行います。

レクサス EVコンセプトカー装着のコンセプトタイヤ(世界初披露)

レクサスブースにて世界初披露されるEVコンセプトカー用に開発したコンセプトタイヤ。同社がもつ空気力学の技術を駆使したトレッドデザインとタイヤの断面形状を採用しています。車体側のトレッド部分に採用したビロード状の微細な毛で覆われた羽状のフィンが効果的な空気の流れを作り、EVモーターを冷却するのが特徴です。

空飛ぶ自動車用に設計されたコンセプトタイヤ、エアロ(日本初披露)

今年のジュネーブモーターショーで発表された、未来の空飛ぶ自動車用に設計されたコンセプトタイヤです。「ツーインワンタイヤ」をコンセプトに、地上を走行するためのタイヤに加え、空を飛ぶためのプロペラとしても機能。タイヤのセンサーから受け取る情報と、車両間および車両とインフラ間で伝達される情報を組み合わせるAI プロセッサーを持ち、一連のデータを分析することで適切な移動方法をリコメンドします。

光合成で酸素を放出するコンセプトタイヤ、オキシジエン(日本初披露)

こちらも今年のジュネーブモーターショーで発表されたコンセプトタイヤ。サイドウォール内に苔を生息させ、路面から水滴や水分を吸収して循環させることで光合成を起こし、その名の通り空気中に酸素を放出します。

それぞれに未来的で夢のある特徴を持つコンセプトということで、これからのモビリティに貢献するタイヤの大きな可能性を感じられる展示になりそうです。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ