このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2019 > バイク・その他 > 横浜ゴム > 横浜ゴムブースは将来技術と先進技術体感コーナーを設置。新技術の発表も

ここから本文です

かっこいいね!(1pt)

投票は終了いたしました。

横浜ゴム ブース

横浜ゴムは10月24日(木)~11月4日(月・祝)に東京ビッグサイトで開催される「第49回東京モーターショー2019」に出展し、「将来技術」と「先進技術体感」という2つのコーナーを展開します。

将来技術コーナーでは、今後の発展が見込まれるCASE対応技術として、タイヤのIoT化技術である「YOKOHAMA Intelligent Tire Concept」をはじめ、自動運転・無人運転に対応する走行持続性技術の「Self Seal Concept Tire」、次世代車向けタイヤノイズ低減技術の「Silent Foam面ファスナー Concept Tire」という3つの新技術を紹介。

また、サステナブル社会の実現を支える環境技術では、画期的なタイヤの軽量化技術を用いた「Ultra Lightweight Concept Tire」を初披露するほか、バイオマスから合成ゴムを生成する技術、リサイクル可能な熱可逆性ゴムなどを紹介します。

一方、既に採用している先進技術の体験できる先進技術体感コーナーでは、横浜ゴムのグローバル・フラッグシップタイヤである「ADVAN Sport V105」の独自構造「マトリックス・ボディ・プライ」を紹介。カーカス構造の違いによる剛性の違いを模型を使って体感することができます。また、ウェット路面でのグリップ力の違いを比較し体験できるウェットグリップ技術のコーナーもあるとのことです。

10月24日には横浜ゴムブースで初公表の新技術についてプレスカンファレンスが行われる予定となっていて、どんな内容が発表されるか注目です。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ