このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2019 > バイク・その他 > コラム > コラム 電動キックボード試乗体験でいろいろ乗り比べてみた

ここから本文です

かっこいいね!(2pt)

コラム 電動キックボード試乗体験でいろいろ乗り比べてみた

東京モーターショー2019で6種類のキックボードの試乗体験があったので乗り比べてみました。見た目は大体一緒ですが、思いの外乗り味が違うというものでした。いくつかピックアップしてレポートします。

最初に乗ったのはウィンド モビリティ ジャパンの「WIND(ウィンド) 3.0 電動キックボード」です。海外でもシェアで利用され、日本でもすでに千葉の海浜幕張や稲毛海岸、埼玉の浦和美園などでシェアリングサービスを展開。専用のアプリを使って乗ることが出来ます。原付き扱いで公道走行が可能で、原付き免許が必要です。最高速度は18km/h、フル充電で60km走行可能です。市販はしていません。

ボディはキックボードの中ではかなり大型で、フロントにはサスペンションも付き、タイヤもエアタイヤとなっています。そのため安定感があり、しっとりとした乗り心地で快適。非常に乗りやすいものでした。キックボードというよりスクーターなどに代わる新しい移動手段と言えそうです。

2つ目はエアホイールトウキョウのeBike R(イーバイクアール)の「Airwheel(エアウィール Z5」です。特徴は足を「並列」にして乗れるというところ。何だそんなことかと思いつつ乗ってみると、なんとこれが乗りやすい。特に超低速でバランスが取りやすくふらつきにくいものでした。

このキックボードは折りたたみが可能で持ち運びが容易。重量は13kgほどなので、クルマへの収納も問題なさそうです。気になったは折りたたみ可能なゆえ、ハンドル剛性が低く、走行中にたわむ感覚があります。乗りこなすには少し慣れが必要そうです。最高速度は20km/h、原付きナンバー登録も可能です。通常モデルは13万2000円、公道走行モデルは16万5000円となっています。

3つ目はモビー ライドの「mobby(モビー)」です。こちらも先述の「WIND(ウィンド) 3.0 電動キックボード」と同じシェア専用。特徴はGPSを内蔵し、設定したエリアでスピードリミッターをかけることが出来ます。これにより、人混みの多い場所では速度を出させなくする、というコントロールが可能です。

乗り心地はしっかりとした安定感のあるものですが、「WIND」ほど大型ではないので軽快で小回りが効く印象でした。11月から九州大学の敷地内で実証実験を行うそうで、その後展開していくそうです。

と、キックボードなんてみな同じと思いきや、それぞれ個性的でなかなかおもしろい乗り比べとなりました。ただ、やはり国内での利用はハードルが高いという印象で、原付きナンバーをつければ公道は走れるものの、そのほとんどが20km/hくらいまでしか出ないので、乗用車に混じって走るのは危険そうです。

せっかく手軽な移動手段なので、もう少し容易に使えるように法整備されると、いろいろな活用方法が生まれ、とくに観光地などでは経済効果も生まれそうに思いました。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ