このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2019 > バイク・その他 > コラム > コラム 東京モーターショー2019、有明~青海会場間の移動は歩きもおすすめ

ここから本文です

かっこいいね!(17pt)

投票は終了いたしました。

コラム 東京モーターショー2019、有明~青海会場間の移動は歩きもおすすめ

例年は東京ビッグサイトの東展示棟と西展示棟を中心に開催されている東京モーターショー。だが今年は東展示棟が諸事情あって工事中である関係で、メインとなる会場は西展示棟(およびそのすぐ隣の南展示棟)と、そこからずいぶん離れた青海展示場とに分かれて開催されている。

そのため「会場間の移動がややかったるい」というのは正直あるのだが、西・南展示場と青海展示場とは無料のシャトルバスが3~5分間隔で運行されているため、それを使えば「まあちょっとかったるい」ぐらいの感じで済むはずだ。

だがそれはそれとして、「たとえ3~5分であっても、わざわざシャトルバスを待つのはめんどくさい」と感じる人もいるはずで、実は筆者もそんなひとりである。何事であっても「行列に並ぶ」というのが死ぬほど苦手なのだ。

そしてそのような感性(?)を持つご同輩にぜひおすすめしたいのが、「歩く」という選択肢である。

東京ビッグサイトの西・南展示棟から青海展示場まで続く「OPEN ROAD」を筆者が実際に歩いて計測したみたところによれば、かかる時間は、普通に健康な成人男性の足で約15分。

まあ途中にいろいろ魅力的な展示物やらイベント、出店などがたくさんあるので、それらをひやかしながら、あるいはイベントに参加したり買い食いをしながら歩けば20~40分ほどはかかるはず。だがそれでも、天気が良い日であれば「ちょうどいい散歩」であり、途中途中にある芝生広場はとってもいい感じだ。端的に言って「気持ちいい」のである。

まあ「行きも帰りも歩く」というのはちょっと疲れそうなので、実際には「行きか帰りのどちらかが歩きで、どちらかはシャトルバス」というのがおすすめの移動法になるだろうか。

だがいずれにせよ、シャトルバスの行列に並ぶのがちょっとでもかったるいなと感じたときには、すかさず「歩いて行く」という選択肢を検討してみていただきたい(ただし晴れの日限定)。

(ジャーナリストコラム 文:伊達軍曹)
----------
伊達軍曹(だて ぐんそう):自動車コラムニスト
外資系消費財メーカー勤務を経て自動車メディア業界に転身。「IMPORTカーセンサー」編集デスクなどを歴任後、独自の着眼点から自動車にまつわるあれこれを論じる異色コラムニストとして、大手メディア多数で活動中。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ