このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2019 > バイク・その他 > カワサキ > 250cc4気筒、マルチクォーターの時代再び!?  カワサキ Ninja ZX25-R発表

ここから本文です

かっこいいね!(813pt)

投票は終了いたしました。

カワサキ Ninja ZX-25R

「Ninja ZX25-R」は250ccクラスのラインナップにおいて、2019年10月時点では唯一の並列4気筒エンジンを搭載したスーパースポーツモデルとなります。

249cm3水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブエンジンは、低中速回転域における豊かなトルクと、高速回転域での強力なパワーの両立を実現すべく新開発されました。高回転エンジンならではのサウンドを追求した吸排気系チューニングにより、鋭く官能的なエンジンサウンドを実現しています。

車体面では、カワサキの勝利が続くスーパーバイク世界選手権などのレース活動で培った車体設計思想と、構造解析技術が投入されています。新設計の軽量トレリスフレームや250ccクラス初採用となる先進的なフロントサスペンションシステム「SFF-BP」、ラジアルマウントモノブロックキャリパー、ホリゾンタルバックリンクリヤサスペンションなどの採用により、スポーツ走行に対応しています。また、KTRC「カワサキトラクションコントロール」やパワーモード、KQS「カワサキクイックシフター」といったライダーサポート技術も搭載されています。

250ccスポーツモデルのブームを築いたカワサキが、またあらたな250ccの提案をこのNinja ZX25-Rでしてきました。ホンダ、ヤマハ、スズキが続くのか? 今後の250ccスポーツモデルの展開から目が離せません。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ