このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2019 > バイク・その他 > ヤマハ > 伝説的オフロードツアラーの最新モデル、ヤマハ テネレ700は来年夏以降日本上陸

ここから本文です

かっこいいね!(58pt)

投票は終了いたしました。

ヤマハ テネレ700

2016年、イタリアのミラノで開催された二輪車の世界最大級の展示会、EICMAでコンセプトモデルが発表されて以来、発表が待ち望まれていたヤマハのアドベンチャーツアラー「Tenere700(テネレ700)」が、ついに日本で初公開されました。

展示されていた車両の外観は黒ベースのカラーリングですが、随所にブルーのアクセントが入り、テネレ700のルーツとなった、1980年代前後のパリ・ダカールラリーに参戦していた、フランスのヤマハ系チーム、ソノートヤマハのブルーのイメージカラーを連想させてくれます。

エンジンは689㏄の水冷直列2気筒270度クランクエンジンで、スリムな見た目からも連想できる軽量ボディに搭載されています。オフロードでの長距離ツーリングを快適にこなせるように、乗車姿勢の自由度が高い車体ディメンション、耐久性や整備性の高さ、荷物積載時の高い適応力などに配慮したつくりとなっています。

軽量化技術により、前モデルのXT660Z比で約10kgの軽量化を実現しているテネレ700は見た目にもスリムで、年代を経るごとに大型化して、そもそものオフロード性能よりオンロード重視のツーリングバイクとなる傾向にあるアドベンチャーバイクにおいて、原点回帰とも言えるでしょう。

そんなテネレの国内発売は、2020年夏以降の予定。気になる方は、今からオフロードツーリングの計画を立てておくべきではないでしょうか。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ