このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2019 > バイク・その他 > ヤマハ > フルサスオフロードのE-BIKE、ヤマハ YPJ-YZをワールドプレミア

ここから本文です

かっこいいね!(181pt)

投票は終了いたしました。

ヤマハ YPJ-YZ

モーターアシスト機構を搭載したE-BIKEのコンセプトモデル、ヤマハ 「YPJ-YZ」が東京モーターショー2019でワールドプレミアされました。

オフロードレーシングマシンをイメージしたE-BIKEで、左右2本のダウンチューブ間のスペースにバッテリーを挟み込むことで、車体の重心に重量を集中させることで運動性能を高める「センターマスコンセプト」という設計思想を実現。これは、ヤマハのモトクロス競技専用車である「YZ」などにも使われている設計思想で、YPJ-YZの本気度がうかがえます。

前後にサスペンションを備えた「フルサス」と呼ばれるオフロードバイクは、近年のMTBでは主流になりつつありますが、やはりそのデメリットは前後にサスペンションを装備することによる重量増です。その点、E-BIKEのYPJ-YZなら、重量増をモーターアシストでカバーしつつ、オフロードでの安定したコーナリングと、軽快な取りまわしが可能になるものと思われます。

気になるコンポーネントは、リアディレイラーには電動MTB用のSRAM社のEX-1というリアディレイラーが使用されていました。前後ブレーキは今やスタンダートと言えるディスクブレーキで、パープルとピンクの中間のようなメタリックカラーに塗られたキャリパーが印象的でした。

他にも前後サスペンションなど使用されているパーツはどれも現実的な構成となっていて、意外と早く市販モデルが出るのではないかと、密かに期待してしまいました。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ