このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2015

ここから本文です

かっこいいね!(500pt)

投票は終了いたしました。

アウディ R8 V10 プラス

ランボルギーニ「ウラカン」をベースにしたスーパースポーツカー。ダウンサイジング全盛の時代に、5.2LのV10自然吸気というのは、実に貴重な存在だ。通常のモデルは539psだが、このV10プラスは610ps/560Nmというパワー&トルクを発揮する。

いずれのモデルもAWDで、得意のアルミスペースフレームによる1454kgという軽量ボディの恩恵もあり、状況を選ばない速さを見せつけてくれる。イタリアの両巨頭が不在ということもあり、スーパーカー好きの視線を独占していた。

関連記事:新型アウディR8に試乗。先代を凌ぐV10の限界性能

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ