このページの先頭です このページの本文へ

東京オートサロン2020

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京オートサロン2020 > ニュース > 【ひっそり初公開の隠れた本格派!!】GRヤリスの本命「CVTコンセプト」市販化最新事情とは?

ここから本文です
ニューモデル
2020.1.23

【ひっそり初公開の隠れた本格派!!】GRヤリスの本命「CVTコンセプト」市販化最新事情とは?

 東京オートサロンに出展の大物新車に、隠れた実力派バージョンあり!! トヨタ「GRヤリス CVTコンセプト」の市販が充分あり得る背景に、納得の理由!?

「東京オートサロン2020」でひと際目を惹いた出展車がトヨタの「GRヤリス」だ。同車はコンパクトカーのヤリスをベースとしつつ、1.6Lターボエンジンと4WDを組み合わせ、スバルのWRX STIや三菱 ランサーエボリューションを引き継ぐ、久々の本格派4WDスポーツ。

 しかし、黒山の人だかりとなっていた同車の脇に、ホワイトのボディカラーを纏った“もう一台の”GRヤリスも展示されていた。それが「GRヤリス CVTコンセプトだ」。

 会場では詳細が何も発表されなかったこともあり、謎めいた存在の同車だが、市販化となればGRヤリスと共通点を持った本格派ながら、より安価で手軽なモデルとなること必至。

 果たして市販化はあり得るのか? 実車やブースでの取材から最新情報を解説する。

文:永田恵一
写真:編集部、TOYOTA

【画像ギャラリー】会場では見づらかった姿が鮮明に!? GRヤリスは内装も超本格派!!

前輪駆動+CVTでも中身は本格派! GRヤリス CVTコンセプトの全容は?

GRヤリス CVTコンセプト。3ドアボディに膨らみのあるフェンダー、専用のフロントグリルなどは、4WDターボのGRヤリスと多くの共通点を持つ

 東京オートサロンでの実車確認や担当者に聞いた情報を総合した「GRヤリス CVTコンセプト」の特徴と成り立ちは、以下とおりだ。

 まず、カーボンルーフ、アルミのエンジンフードや左右ドア、バックドアを使い軽量化し、大きく膨らんだフェンダーを持つ3ドアのボディは、GRヤリスと共通と思われる。

 そして、実車を後方から覗いてみると後輪に駆動力を伝えるプロペラシャフトと後輪のドライブシャフトはないため、駆動方式はFFであることもわかる。

 また、リアサスペンションは標準のヤリスのトーションビームとは異なる、GRヤリスと同じダブルウィッシュボーンを採用しているもよう。

 さらに、ホイール/タイヤは、GRヤリスと同じエンケイ製鋳造アルミホイール(18インチ)+ダンロップの「SPスポーツMAXX050」と思われる。ブレーキは通常のキャリパーを使う4輪ディスクだった。

注目のエンジンは1.5LのNA! 標準モデルにはない要素もアドオン

写真は1.6Lターボ+4WDのGRヤリス(欧州仕様)。そのフォルムを見ると「CVTコンセプト」も、こちらをベースとしたボディを採用していることがよくわかる

 注目のエンジンは、標準のヤリスと同じ1.5L・3気筒NAだろう。トランスミッションは車名のとおりCVTで、ハード的には標準のヤリスと共通。

 CVTは、アクセル操作に対しダイレクトにレスポンスし、スポーツモードをオンにすると高回転域をキープするスポーツモードと10速MTモード付(現行ヴィッツ GRに搭載)となっている可能性が非常に高い。

 まとめると「内外装や硬質な走りといったGRヤリスの雰囲気を全体的に比較的気軽に楽しめる、ライトだけど相当本格的なスポーツモデル」といったところだ。

標準モデルの新型ヤリス。見比べると、GRヤリスとはボディが大きく異なることがわかる。この基準車にないノウハウがGR系には多数搭載されている

 また、筆者が開発担当者と話した際に「CVTコンセプトも含めGRヤリスは、標準のヤリスではできなかったことを盛り込んだモデルでもあります」という言葉もあった。

 ドアロックされていた車内をガラス越しに見ると、GRヤリスCVTコンセプトのパーキングブレーキは、標準のヤリスやGRヤリスのGRヤリスが手で引くレバー式なのに対し、電動式となっていた。

 このため市販化されれば確実に設定されるだろう先行車追従型クルーズコントロール付のCVTであれば、停止まで対応するだろう。実現すればこの点も標準のヤリスより一枚上手で、プレミアムな面も持つスポーツモデルとなりそうだ。

GRヤリスは必達の生産台数あり! 市販化も充分あり得る

リアコンビネーションランプ脇には「GR YARIS」のバッジも。4WDターボの「RZ」系と合わせて、GRヤリスにはある程度まとまった台数を稼ぐ必要がある

 「GRヤリス CVTコンセプト」が市販化される可能性は大いにあると思う。その理由としては、以下の2つが浮かぶ。

・前述したライトなキャラクターのGRヤリスがあったら、WRC(世界ラリー選手権)を走っている車というイメージの高さも含め、適価であれば需要はそれなりにあること。

・GRヤリスは、WRC参戦のため形式認定(=ホモロゲーション)を取得しなければならない。ホモロゲーション取得にはベース車となるモデルが連続した12カ月間に2500台以上、車種全体で2万5000台以上という生産台数が必要だ。

 そのため、2020年夏に発売されるGRヤリスのRZ系の生産(≒販売)状況によっては、それこそライトでRZ系より量販が期待できるCVTコンセプトが早期に市販化されれば、ホモロゲーション取得の大きな後押しにもなり得ること。

 上記を考慮すると、「GRヤリス CVTコンセプト」が市販されるのであれば、標準型ヤリスの1.5L・NAエンジン車の最上級グレードが約190万円というのを基準にすると、手が込んでいる車である点や6速MTの設定も含め、価格は240万円程度なら嬉しい。

 なお、車重はボディの材質置換により軽量になる可能性と、ワイドボディやダブルウィッシュボーンのリアサスペンションといった重量増を差し引きし、標準型ヤリスの1.5L・NAエンジン車と同等の1トン前後を期待したい。

 ここからは完全な筆者の願望となるが、GRヤリスにはRZ系とCVTコンセプトの中間となる1.5Lターボエンジン(最高出力は180馬力くらいか)+FFで、価格は290万円程度という仕様があってもいいのではないかと思う。

 こうした仕様があれば、GRヤリスはハイパワーFFという世界観も提案でき、さらに面白い車になりそうな予感がする。

注目を集めたGRヤリス CVTコンセプト。リアも4WDターボのGRヤリスとほぼ同じで本格派の佇まい。エンジンとトランスミッションのぶん、安価に仕立てれば魅力的な存在になり得る

◆  ◆  ◆

 GRヤリスは、東京オリンピックが開催されるメモリアルイヤーに日本車に現れた超大物新車だ。それだけにCVTコンセプトの市販化も含め、現実的な価格で日本の自動車業界を盛り上げてくれるモデルに育つことを願う。

 そんな楽しい自動車業界が循環し始めるように、自分の使い方に合致するモデルであれば、ぜひGRヤリスを自分のものにして欲しい。

 ちなみに、筆者はそうした可能性にも共感したこともあり、GRヤリス「RZハイパフォーマンス」を先行予約している。

【画像ギャラリー】会場では見づらかった姿が鮮明に!? GRヤリスは内装も超本格派!!

(ベストカーWeb ベストカーWeb編集部タカセ)

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ