このページの先頭です このページの本文へ

東京オートサロン2020

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京オートサロン2020 > ニュース > BMW 「X5」にPHEVとV8エンジン搭載モデルを追加

ここから本文です
ニューモデル
2019.12.16

BMW 「X5」にPHEVとV8エンジン搭載モデルを追加

BMWジャパンは2019年12月13日、2月に発売された第4世代となる新型「X5」のラインアップにPHEVモデルの「X5 xDrive45e」と、V型8気筒エンジンを搭載したハイパフォーマンス・モデル「X5 M50i」を発売した。

X5 xDrive45eモデル概要

X5 xDrive45eは、BMWのSAVで日本国内唯一のPHEVで、搭載しているバッテリーの容量が先代モデルの26Ahから68Ahまで増加し、総電力量24kWhを実現。その結果1回充電あたりのEV走行距離は49.2km増の約80kmを達成している。

さらに、先代モデルが直列4気筒ガソリン・エンジンを搭載していたのに対して、新型モデルは、最新世代の直列6気筒ガソリン・エンジンを搭載し、システム・トータル最高出力は394psに高められている。

サスペンションは4輪アダプティブ・エア・サスペンションが標準装備。路面状況および荷重に必要に応じて上下40mmの間で各輪の高さ調整をする機能を持っている。オートモードの他に手動でドライバーの好みや状況に応じて、高さを調整することも可能。

走行モードは「Sport(スポーツ)」「Hybrid(ハイブリッド)」「Electric(エレクトリック)」「Adaptive(アダプティブ)」のドライビング・モードを選択でき、特にElectricモードは、最高速度140km/hまでの範囲でEV走行が可能。また、バッテリー・コントロールスイッチが、センター・コンソールに新たに設置され、エンジン走行によってバッテリー充電を行ないたい場合に、ボタン1つで、設定した充電量に達するまでエンジン走行のみにすることも可能だ。

【BMW X5 xDrive45e主要諸元】

  • ボディサイズ:全長4935mm、全幅2005mm、全高1770mm、ホイールベース2975mm
  • 車両重量:2500kg、車両総重量2755kg
  • 排気量:2997cc
  • エンジン:直列6気筒ガソリン
  • 最高出力:286ps/5000rpm
  • 最大トルク450Nm/1500rpm-3500rpm
  • ハイブリッド燃料消費率(WLTC):10.3km/L
  • 充電電力使用時走行距離(WLTC):79.2km
【価格】

  • BMW X5 xDrive45e:1028万円
  • BMW X5 xDrive45e Mスポーツ:1118万円
X5 M50i

X5 M50iは最高出力530ps/5500rpm、最大トルク750Nm/1800-4600rpmを発揮する高出力のV型8気筒ツインターボ・ガソリン・エンジンを搭載し、0-100km/h加速は4.3秒をマークするなど、X5の中で最もハイパフォーマンスなモデルだ。

インテリジェント4輪駆動システム「xDrive」や、Mデファレンシャル、エア・サスペンション(オプション設定)によって、悪路でも安定したコントロール性とスポーティな走りを両立。

Mパフォーマンス・モデル専用色となるセリウム・グレーをキドニー・グリル、エアインテーク、エアブリーザー、ミラー・キャップに採用することで、ハイパフォーマンス・モデルとしての存在感を表現している。

BMW X5 M50i主要諸元

  • ボディサイズ:全長4935mm、全幅2005mm、全高1770mm、ホイールベース2975mm
  • 車両重量:2310kg、車両総重量2585kg
  • 排気量:4394cc
  • エンジン:V型8気筒ガソリン
  • 最高出力:530ps/5500rpm
  • 最大トルク750Nm/1800rpm-4600rpm
  • 燃料消費率WLTC:8.0km/L
【価格】

  • BMW X5 M50i:1354万円
運転支援システム

またいずれのモデルも高性能3眼カメラ、高性能プロセッサー、レーダーによって、より精度と正確性が向上した最先端の運転支援システムを標準装備している。

アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーンチェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム)、レーンチェンジ・アシストおよびレーンデパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーン・コントロール・アシスト、サイドコリジョン・プロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、クロストラフィック・ウォーニングを装備。

またアクティブクルーズ・コントロールは「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」も搭載している。さらに標準装備のパーキング・アシスタントには、リバース・アシスト機能が採用されている。これにより、車両が直前に前進したルート最大50mまでを記憶し、その同じルートをバックで正確に戻ることが可能だ。

その他に「OK BMW」と呼びかけると起動する対話型の「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」や、通信モジュールを搭載しインターネットと常時接続される「BMWコネクテッド・ドライブ」も標準装備している。

駆けぬける歓び」を深掘りの記事一覧
BMW X5シリーズ 関連記事
BMW 関連記事
BMW 公式サイト

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ