このページの先頭です このページの本文へ

東京オートサロン2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京オートサロン2019 > ニュース > SUBARU WRX STI&S4が一部改良、スポーティさと安全性を向上

ここから本文です
ニューモデル
2019.5.23

SUBARU WRX STI&S4が一部改良、スポーティさと安全性を向上

価格は従来モデルから据え置き

 SUBARUはWRX STI / S4の年次改良モデル(通称F型)を5月14日に発表。デザインの変更のほかに、トランクの開閉方法やハイビームアシストが作動する速度を変更、6月27日より発売を開始する。

 WRX S4は、WRX S4 STI Sport EyeSight のフロントグリルデザインが変更され、メッキモールを追加してウイングモチーフが強調された。これは、東京オートサロンや大阪オートメッセに出展されたWRX STI ラリーコンセプトにも用いられた手法で、グリルのウイングモチーフを強調することで、航空機メーカーのDNAをより強く表現し、スポーティなデザインとしている。

 また WRX S4 2.0GT-S EyeSightの18インチアルミホイールの色を従来のダークガンメタリックからブラックに変更。足元のイメージもより精悍なものとなった。

 一方のWRX STIは、フロントフォグランプカバーが新デザインに。同時にディーラーオプションとなるLEDアクセサリーライナー用のカバーデザインも変更された。また、 WRX STI Type Sには、切削光輝の19インチアルミホイールを採用。形状は従来モデルと同一ながら、切削による輝きが躍動感を強調している。

 また、WRX STIとS4共通の変更点として、レヴォーグの改良モデルと同様にハイビームアシストが作動する車速を従来の40Km/hから30km/h に変更。より低速域から作動することで夜間走行時の安全性をさらに向上させている。また、外部からのトランクオープン方法を変更。すべてのドアがアンロックされている場合、アクセスキーを持っていなくてもトランクを開けられる仕様とした。これはレヴォーグやインプレッサSPORTなどワゴンやハッチバックタイプのSUBARU車と同様のオープン方法だ。

 さらにエクステリアでは、ボディカラーに従来のダークグレー・メタリックを廃止して、アウトバックやBRZにも設定されている新色のマグネタイトグレー・メタリックを採用した。

 価格は基本的に従来モデルから据え置きでWRX S4が2.0GT EyeSight 336万9600円~2.0GT-S EyeSight 373万6800円、STI Sport EyeSight 409万3200円となり、WRX STIがベースグレードの386万6400円~タイプS 406万0800円となっている。

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ