このページの先頭です このページの本文へ

東京オートサロン2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京オートサロン2019 > ニュース > これで保安基準適合のナンバー付きってマジか!? 学生の作ったジムニーシエラが凄すぎる!

ここから本文です
ニューモデル
2019.3.23

これで保安基準適合のナンバー付きってマジか!? 学生の作ったジムニーシエラが凄すぎる!

学生の発想力と技術で理想を実現!

プロ顔負けのカスタムワークでシエラを大改造

ベースに1.5Lエンジンを搭載するジムニーシエラをベースとしたNATS(日本自動車大学校)の「NATSジムニーアドベンチャー」は、東京オートサロン2019で大注目を集めていた車両の1台。

ファイバーワークで製作されたハイルーフの上部は、油圧制御でチルトするギミックを採用したキャンバストップで開放感をアップ。ボディをカットしている分、パイプを利用して補強を加えるなど実際に走らせることを前提にした構造も考えられている。

電動ウインチをマウントするフロントバンパーもワンオフだ。バンパー下にはフロントロアカメラもセットすることで、この状態でも保安基準がクリアできるように工夫されている。

外径35インチ(約89cm)のビッグタイヤ(トーヨー・オープンカントリーMT)を収めるために、フレームとボディの間には約15cmのカラーをセット。サスペンションもリフトアップを行いトータルで6インチのボディリフトを敢行。これにより、巨大なタイヤも十分なストローク量を確保できるクリアランスを作っている。

特にボディリフトはフレームとボディの間にカラーを仕込むだけでなく、そのカラーを繋ぎながらサブフレーム構造として構造を強化。通常のボディリフト以上に剛性を持たせて仕上げている。

リフトアップしたシエラだけでなく牽引するトレーラーも、ボート用の軽トレーラーをベースにボディをイチから製作。上部の骨格を新たに作りながら外板をアルミ板で製作し貼り合わせることでエアストリーム風フォルムを完成させている。マフラーはグレッディ・クロスエキゾーストをベースに出口部を変更してワンオフビルド。

この車両は卒業制作の一環として、実際に構造変更試験を受けナンバー取得まで行われる。そのため各部を保安基準に適合させながら仕上げているのだ。

●取材協力:NATS(日本自動車大学校) TEL:0476-73-5507

(web option web option編集部)

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ