このページの先頭です このページの本文へ

東京オートサロン2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京オートサロン2019 > ニュース > ダイハツ、カーボンルーフを架装したスポーツカー「コペン クーペ」を200台限定発売

ここから本文です
ニューモデル
2018.12.20

ダイハツ、カーボンルーフを架装したスポーツカー「コペン クーペ」を200台限定発売

ダイハツは2018年12月19日、軽自動車のスポーツカー「コペン クーペ」を200台限定で発売すると発表した。この限定モデルは「東京オートサロン2019」に市販予定車として出展し、2019年1月11日から専用WEBサイトで商談希望者の募集を開始する。希望者が200名を超えた場合は抽選が行なわれる。なおコペン クーペの生産、納車は2019年4月以降を予定している。


スポーツカーのコペンは2014年6月に発売したコペン ローブを皮切りに、「コペン エクスプレイ」、「コペン セロ」などを発売した。またコペンの発売と連動し、ダイハツのファンづくり活動である「LOVE LOCAL by DAIHATU」活動を展開しブランド価値を高める役割も担っている。

今回発売する「コペン クーペ」は、東京オートサロン2016に出展したコンセプトカーを商品化したもの。「コペン セロ」をベースに、CFRP製のハードルーフを装着した本格クーペスタイルを実現。エレガントでエモーショナルなデザインをテーマに、ルーフからトランク、リヤエンドまでが一体となったエクステリア・デザインとなっている。ルーフ後部のカラスハッチは開閉式で、荷物の出し入れが可能だ。

インテリアでは、MOMO製の本革巻きスポーツステアリングホイール(CVT車はパドルシフト付き)を標準装備。さらにフロントデフには「フロントスーパーLSD」を装着している。またホイールはBBS製鍛造アルミホイールを装備する。

さらに世界初となる曇りにくいAGC社製のフロントガラス(防曇コート付ガラス)「eXeview」を採用。このガラスは自動車用ガラスに求められる高い耐久性能を確保した独自の樹脂膜コート材が、車内の水分を吸収し、フロントガラスの曇りを防止する機能を持っている。

またコペン クーペ発売を契機に、HKS社とのコラボレーションによるスポーツマフラー、サスペンションキットをディーラーオプションとして新設定する。

【ボディカラー・内装色】

【応募方法と期間】

・発売台数:200台
・注文応募期間:2019年1月11日 14時~2月11日 18時
・応募特設WEBサイト:https://coupe.copen.jp/(応募が200台以上の場合は抽選)
・応募者の商談:2月下旬以降に販売会社で商談・注文
・生産・納車:2019年4月以降

今回発売のコペン クーペは改造車のため、持ち込み検査が行なわれエコカー減税対象外の扱いとなる。

【価格】

ダイハツ コペン 関連情報
ダイハツ 関連情報
ダイハツ 公式サイト

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ