このページの先頭です このページの本文へ

東京オートサロン2014

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京オートサロン2014 > ニュース > 「キャンディレッド」はいかが? ENKEI PF05プロトタイプ TAS2019

ここから本文です
ニューモデル
2019.2.09

「キャンディレッド」はいかが? ENKEI PF05プロトタイプ TAS2019

東京オートサロン2019 エンケイ・ブース

東京オートサロンのエンケイ・ブースで、真っ赤なホイールが目を引いた。キャンディレッドの配色は、昨今ではイタフラ系のモディファイに効果的に使われ始めているカラーリングだ。

モデルとしては5スポークの「PF05」。エンケイの「パフォーマンス・ライン」シリーズに昨年秋に追加された新製品で、力強い5本のスポークが実にバランスよく配置されている。

標準カラーはダークシルバー。特別色としてホワイト、ゴールド、マットダークガンメタリックを用意するのだが、撮影したのは「キャンディレッド」。オートサロン用に制作された18インチのプロトタイプで、表層部にクリアを吹き、見る角度によって赤が深みを増したり鮮やかになったりと、表情を変えるのが印象深い。

今まで装着されなかった車種に新しいトレンドを吹き込む起爆剤として期待したい。

会場にはKENWOODとのコラボレーションで話題になっているPF07も展示、多くの来場者が足を止めていた。

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ