このページの先頭です このページの本文へ

東京オートサロン2014

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京オートサロン2014 > ニュース > 市販前提! インプレッサにSTI仕様のコンセプトカーが登場!! 【東京オートサロン】

ここから本文です
ニューモデル
2019.1.10

市販前提! インプレッサにSTI仕様のコンセプトカーが登場!! 【東京オートサロン】

 いよいよ明日、1月11日から幕張メッセにて「東京オートサロン 2019」が開幕! 国内自動車メーカーを始め、タイヤメーカー、アフターパーツメーカーなどの様々なカスタムカーが一堂に会する。

 なかでも注目の1台が、スバルが出展するインプレッサ「STIコンセプトモデル」。今でこそWRX STIがスバルのイメージリーダーとなっているものの、かつては“STIといえばインプレッサ”というイメージが強かった。

 現在インプレッサにSTI関連モデルは設定されていないが、今回出展されるインプレッサ STIコンセプトモデルは、2018年発売のWRX S4に続く「STIスポーツ」の第4弾となりそうだ。

文:ベストカーWeb編集部/写真:SUBARU

インプレッサベースに“専用の内外装パーツ”を装着

 スバルが東京オートサロン2019の出展概要を発表したのは、2018年の暮れも押し迫った12月25日のこと。既報のとおり、フォレスターの「STIコンセプトモデル」が出展されることも明らかとなり、話題をさらった。

>>【フォレスター STIコンセプトモデル】スバルの出展概要

 そのフォレスターと同じくスバルブースの目玉となるのがインプレッサの「STIコンセプトモデル」だ。公式リリースによると、インプレッサ STIコンセプトモデルは「2.0i-S アイサイト」グレードをベースに、専用の内外装パーツを装着。インテリアでは質感の高いボルドー内装を採用しているという。

 ……が、明かされた内容はこれだけ。あとは当日のお楽しみということなのだが、このインプレッサ STIコンセプトモデルは、ただのコンセプトカーではない。

出展車はインプレッサ「STIスポーツ」に発展濃厚!!

 スバルとSTIが関わるモデルといえば、カタログモデルではWRX STIが頂点。さらに限定車ではWRX STIをベースにファインチューンを施した「S208」などのコンプリートカーも即日完売するほど話題を集めている。

 こうしたモデルとは別に近年、スバルとSTIの共同開発グレードとして設定されているのが「STIスポーツ」だ。

 2016年にレヴォーグ、2017年にはBRZに、そして2018年にはWRX S4にもこのSTIスポーツが設定されるなど、WRX STI以外のスバル車のトップグレードとして、1年ごとに設定車種を増やしてきている。

 これに続く形で登場する見込みとなるインプレッサ「STIスポーツ」のプロトタイプが、今回出展されるインプレッサ「STIコンセプトモデル」というワケだ。

 先に触れたとおり、インプレッサ STIコンセプトモデルの詳細は発表されていないが、これまでに発売された「STIスポーツ」に準じた専用装備は、一通り装着されていると考えていいだろう。

 写真をみてもダークグレーの専用アルミホイールやパフォーマンスマフラー、専用フロントグリルなどSTIパーツが装着されているのが見て取れる。さらに市販版ではSTIスポーツの“定番装備”であるSTIチューニングのビルシュタイン製ダンパー&コイルスプリング「ダンプマチックII」も装着されるだろう。

 こうしたメーカー系のワークスチューニングカーもオートサロンの見所のひとつ。会場でお披露目される“実車”に注目だ。

(ベストカーWeb ベストカーWeb編集部タカセ)

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ