このページの先頭です このページの本文へ

パリモーターショー2014

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > パリモーターショー2014 > ニュース > 55年ぶりの新車種はEVに フォード・マスタング新型「マッハE」発表、最大465馬力の上位モデルも

ここから本文です
ニューモデル
2019.11.19

55年ぶりの新車種はEVに フォード・マスタング新型「マッハE」発表、最大465馬力の上位モデルも

 米国の自動車メーカー「フォード」が、同社のマスタングシリーズとしてSUVタイプの新型「マッハE」を発表しました。

 マスタングは1964年に登場した、フォードの看板シリーズ。GMの「シボレー カマロ」などと共にアメ車を代表するクルマです。

 そのマスタングシリーズに55年ぶりの新型車種としてラインアップされるのが今回のマッハE。SUVスタイルのEVです。

 パワートレインには最大336馬力、最大トルク57.6kgf-mを出力する電動モーターを搭載します。さらにハイパフォーマンスモデルの「マッハE GT Performance Edition」は最大465馬力、最大トルク84.6kgf-mまで出力をアップする予定。停止状態から時速60マイル(約96キロ)までは3.5秒以内に到達するのを目指すなど、マスタングらしい力強さを打ち出しています。

 SUVらしく積載量も豊富で、リアトランクは820リットルのスペースを用意。また130リットル程度のフロントトランクも用意してあり、カバンなどの手荷物であれば余裕のあるスペースを確保しています。

 スマートフォンとクルマを連動させることで、ドライバーの接近を感知してクルマのロックを自動で解除するなど、機能面でも最新鋭のシステムを導入しています。

 マッハEはすでに予約受付を開始しており、価格は36395ドル(約395万円)から。納車は2020年から始まる予定です。

 ちなみにマスタングのEVといえば、1967年型のマスタングに電動モーターなどを組み込んだ「チャージ・マスタング」というモデルも話題になりました。英国の「チャージ・オートモーティブ」という会社が、フォード社の公認を受けて製造しています。

(ねとらぼ交通課 )

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ