このページの先頭です このページの本文へ

パリモーターショー2014

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > パリモーターショー2014 > ニュース > 【TMS2019】新型「レヴォーグ」世界初公開!最先端技術を搭載して2020年後半に登場する!

ここから本文です
モーターショー
2019.10.23

【TMS2019】新型「レヴォーグ」世界初公開!最先端技術を搭載して2020年後半に登場する!

発売が待ち遠しい!! 新世代レヴォーグが世界初公開

東京モーターショー2019のスバルブースで新型「レヴォーグ」のプロトタイプがアンベールされた。

世界初公開となる新型「レヴォーグ」は、スバルの持てる最先端技術を集結し、自動運転化が進むモビリティ社会において、「誰もが自分の意思で、運転をどこまでも愉しめる未来」を実現するパフォーマンスワゴンだ。

新型「レヴォーグ」の開発にあたり、スバルは”信頼してくれるすべてのお客さまのために「クルマの本質である運転を、心から愉しめる未来をつくること」、「お客さまの人生をもっと豊かにしていくパートナーであること」を目指した”という。そして、「より遠くまで、より早く、より快適に、より安全に」というスバルが提唱する”グランドツーリング思想”に基づき、新世代スバルの象徴となるクルマとして開発された。

さらに大胆に新デザインコンセプト「BOLDER」を市販車初採用

デザインは、スバルのデザインフィロソフィーである「Dynamic × Solid」を深化させ、それぞれのクルマが持つ価値をより大胆に際立たせる新デザインコンセプト「BOLDER」を市販車として初採用した。これには「意のままにクルマをコントロールする愉しさ」と「今までに経験したことのない新たなアクティブティに向かって大胆にチャレンジしてほしい」という気持ちが込められているのだ。

アイサイトが新世代に。ハンズオフに対応する技術も搭載

アイサイトをはじめとしたスバルの安全運転支援技術もさらに深化させている。「あらゆるシーンで運転の不安やストレスを減らし、心から運転を楽しむ」ために、新開発のステレオカメラと前後あわせて4つのレーダーで構成された新世代アイサイトを採用。見通しの悪い交差点での出会い頭や右左折時まで、プリクラッシュブレーキの作動範囲を拡大した。加えて、高速道路上で利用可能な高精度マップ&ロケーターを活用した、カーブ前の自動減速や渋滞時のハンズオフ走行支援など、最先端の先進運転支援システムを搭載する。また、万が一の際に自動で警察・消防に通報したり、体調不良などの緊急時にボタンひとつでコールセンターへつながるコネクティッドサービスも採用する。これはスバルで国内初の装備だ。

新エンジンとSGP+αで走りが変わる

パワートレーンも大幅進化。新開発の1.8L水平対向直噴ターボエンジンに、リーン(希薄)燃焼技術を採用。加速性能と環境性能を高次元で両立。豊かなトルクでストレスのない質感の高い走りを実現する。さらに新世代車台となるスバルグローバルプラットフォームには、新たに「フルインナーフレーム構造」を採用しさらなる高剛性化を実現。意のままに操れる自在性と質感の高い走りの実現により、乗る人すべてが心から気持ちいいと思える運転の愉しさを提供するという。

新型「レヴォーグ」の発売は2020年後半を予定している。

〈文=編集部〉

(driver@web 編集部)

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ