このページの先頭です このページの本文へ

パリモーターショー2014

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > パリモーターショー2014 > ニュース > フェルッチオの理想が完成「350 GT & 400 GT」(1964-1966)【ランボルギーニ ヒストリー】

ここから本文です
ニューモデル
2019.9.22

フェルッチオの理想が完成「350 GT & 400 GT」(1964-1966)【ランボルギーニ ヒストリー】

Lamborghini 350 GT

ランボルギーニ 350 GT

350 GTVの改善版「350 GT」

1963年のトリノ・ショーで、350 GTVとともに自動車メーカーとしてのデビューを飾ったランボルギーニだったが、創始者であるフェルッチオ・ランボルギーニにとって、その記念すべき第一作となった350 GTVは、決して満足できるモデルではなかったようだ。フェルッチオはまだショーが会期中であるにもかかわらずブースを閉鎖。サンタアガタ・ボロネーゼの本社に戻ると、ジャンパオロ・ダラーラやパオロ・スタンツァーニという若き才能に率いられていたエンジニアリングチームに、量産第一号車の開発を指示したのだった。350 GTVのボディをデザインしたフランコ・スカリオーネ、そしてそれを製作したカロッツェリア・サルジオットに代わり、新たにクーペスタイルのボディを製作したのは、独自の特許技術によって、軽量でかつ高剛性なボディを生み出すことで高い評価を得ていたカロッツェリア・トゥーリングに委ねられ、一方フロントに搭載されるV型12気筒エンジンは、ダラーラとスタンツァーニによって、よりマイルドな特性へと改められた。

フェルッチオを満足させた完成度

これらの改良策を受けて1964年3月に発表されたのが、ランボルギーニにとって初の量産車となった「350 GT」だ。350とはもちろんフロントのV型12気筒エンジンの排気量、3.5リッターを示しており、最高出力は270ps/6500rpmと350 GTVのそれから一気に90psほどダウンしてしまったものの、実用域での扱いやすさは格段に向上。キャブレターは350 GTVのダウンドラフト型からサイドドラフトに、潤滑システムもドライサンプからウエットサンプへと変更されているとはいえ、250km/hの最高速度を誇ったこのGTの仕上がりを、フェルッチオは非常に満足したという。前後のサスペンションはコイルスプリングを組み合わせるダブルウイッシュボーン、さらに4輪ディスクブレーキを採用するなど、技術的な先進性もフェルッチオが大いに誇るところだった。

350GTの生産は1964年5月から開始され、サンタアガタ・ボロネーゼの地に誕生した新興勢力ランボルギーニの名は、早くもイタリアのみならず世界中のカスタマー、とりわけフェラーリやマセラティといったモデルを購入してきた富裕層の耳に届くようになった。350 GTの生産台数には諸説あるが、最終的に135台、あるいは143台が生産された。

そして、フェルッチオは1966年にはより高性能なモデルへと進化させることを指示。まず誕生したのは350 GTをベースとした4リッター仕様で、これは350 GTの3.5リッターユニットをベースにボアを77mmから82mmに拡大し、新たに4リッターの排気量を得たものだ。それによって320ps/6500rpmの最高出力を得たのである。ちなみに当初この4リッターエンジンを搭載したモデルは、350 GTの4リッター仕様としてランボルギーニでは扱われており、後に誕生する400 GTと両方の特徴を併せ持つことから、400GTインテリムと称されることも多い。

正常進化版「400 GT」は1966年にデビュー

4リッター仕様のGT「400 GT」が正式にデビューを飾ったのは、1966年のジュネーブ・ショーでのことだった。搭載エンジンは前で解説したとおりの320ps仕様。組み合わせられるトランスミッションも、350GTから受け継がれたZF製の5速MTだったが、デファレンシャルはこの時にランボルギーニの自社製へと変更される。ボディサイズはキャビンを2+2のデザインとするために(350 GTは3シーター、もしくは2シーターだった)全長と全高が若干拡大され、それに伴って車重も90kgほど増加し1290kgとカタログには記載されている。

エクステリアでは350 GTの楕円形2灯式から丸型4灯式を採用したのが大きな特徴。さらにボディの素材もスチールに変更され、これが車重の増加に大きく影響した。400 GTの生産は1968年まで継続され、生産が終了するまでに274台がサンタアガタ・ボロネーゼの本社工場を後にしたとされる。ランボルギーニの創生期を支えたGTは、現在でもその価値、ファンからの支持は非常に高い。

【SPECIFICATIONS】

ランボルギーニ 350 GT

発表:1964年

エンジン:60度V型12気筒DOHC

総排気量:3464cc

最高出力:199kW(270ps)/6500rpm

トランスミッション:5速MT

駆動方式:RWD

車両重量:1200kg

最高速度:250km/h

ランボルギーニ 400 GT 2+2

発表:1966年

エンジン:60度V型12気筒DOHC

総排気量:3939cc

最高出力:235kW(320ps)/6500rpm

トランスミッション:5速MT

駆動方式:RWD

車両重量:1290kg

最高速度:250km/h

解説/山崎元裕(Motohiro YAMAZAKI)

(GENROQ Web 山崎元裕)

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ