このページの先頭です このページの本文へ

パリモーターショー2014

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > パリモーターショー2014 > ニュース > ベントレー コンチネンタル GT V8 日本導入スタート! 独特のV8サウンドと精緻なハンドクラフトが融合

ここから本文です
ニューモデル
2019.9.17

ベントレー コンチネンタル GT V8 日本導入スタート! 独特のV8サウンドと精緻なハンドクラフトが融合

BENTLEY CONTINENTAL GT V8 / CONTINENTAL GT V8 CONVERTIBLE

ベントレー コンチネンタル GT V8 /コンチネンタルGT V8 コンバーチブル

新世代4.0リッターV型8気筒ツインターボを搭載

ベントレーモーターズジャパンは、第3世代となるコンチネンタル GTとコンチネンタル GT コンバーチブルに、パワフルなV8ガソリンエンジンを搭載した「コンチネンタル GT V8」と「コンチネンタル GT V8 コンバーチブル」を追加した。この新たなるグランドツアラーは、究極のラグジュアリーと最新テクノロジーを惜しみなく投入し、一体感のある爽快な走りを実現している。

どちらのモデルにも新世代の4.0リッターV型8気筒ツインターボチャージャーを搭載し、最高出力550ps、最大トルク770Nmを発揮。幅広い回転域で強大なパワーを放ち、スタイリッシュなクアッドエキゾーストパイプから独特のV8サウンドを轟かせる。

デザイン、エンジニアリング、ハンドクラフトのすべてが英国クルーで行われ、両モデルともペイント仕上げの20インチ10本スポークアロイホイールを装着。主張しすぎない“V8”バッジとハンドクラフトから生み出される贅を尽くしたキャビンで魅了する。

「コンチネンタル GT V8」と「コンチネンタル GT V8 コンバーチブル」の日本でのデリバリーは、2020年第2四半期を予定している。

最高出力550psを発揮し、最高速度318km/hを実現

究極のグランドツアラーに追加されたV8モデルの武器となるのは、強大なパワーと驚異的な燃費性能。高回転エンジンの特性に磨きをかけたダイナミックなV8は、優れた重量配分によって先代よりも俊敏さとレスポンスが向上している。

新世代の4.0リッターV8ツインターボはバンクの内側にデュアルツインスクロールターボチャージャーを配置し、クーペは最高速度318km/h、0-100 km/h加速4.0秒を、コンバーチブルは0-100km/h加速4.1秒という走行性能を叩き出している。

特定の状況では8気筒のうち4気筒を休止することで燃費の向上にも貢献。もちろん、4気筒の状態でも妥協のない上質な走りを楽しむことができるが、気筒休止はわずか20ミリ秒でシームレスに行われ、まずパッセンジャーが気づくことはない。さらに停車直前に作動するストップスタートテクノロジーも採用されている。

ボディやルーフに豊富なカラーバリエーションを用意

V8モデルは20インチホイールを標準で装備するが、他にも最大22インチなど9種類のホイールオプションを用意。また、エクステリアカラーは標準7色。オプションカラーも豊富に取り揃えられており、こちらもカスタマーの要望に応えてくれる。

GT V8 コンバーチブル専用に仕立てられたルーフは、50km/h以下であれば走行中でも開閉可能。その時間はわずか19秒で完了し、ボタン操作ひとつでラグジュアリーなクーペがオープントップのグランドツアラーに変身する。ファブリックルーフのカラーは7種類。今回、伝統的な雰囲気のツイードが初登場したことも注目だろう。

クリスタルガラスをイメージした美しいヘッドライト

V8モデルには最新のLEDマトリクス技術を採用。ヘッドライトは最高級のクリスタルガラスをイメージしており、そのカッティング技術によりライト自体が宝石のように輝く。オプションのウェルカムライト機能を設定すれば、クルマに近づくにつれてヘッドライトが徐々に明るくなり、その効果が一層際立つことになる。

また、新設計のネックウォーマーは温かさ、静かさともに先代より向上。ヒーターとベンチレーターが付いたコンフォートシートにシームレスに組み込まれ、電動ヘッドレストの周りに快適なエアフローをもたらす。新しいネックウォーマーはクロームのセンターベーンがスタイリングのアクセントとなる。

ネックウォーマーに加え、ステアリングホイールヒーターや新設計のアームレストヒーターといった充実の快適装備により、例え寒空の元でも最高のオープンドライブを満喫することができそうだ。

ハンドクラフトによって生まれるラグジュアリーなキャビン

豪華で革新的なインテリアが洗練された極上のグランドツーリングを提供。最高品質のレザーや環境に配慮して採取された希少なウッドパネルなどの天然素材がハンドクラフトされ、真のラグジュアリーの世界を味わうことができる。

レザーシートは20通りに調節可能で、これまでの常識を覆す快適性と洗練性で乗る人を包み込む。シートカラーはモノトーンカラースプリットを選択可能。シートのカラースプリットは他にも4つのオプションがあり、コントラストステッチやパイピング、ハンドクロスステッチを施すこともできる。

フェイシアを彩るウッドパネルにはクラウンカットウォールナットが追加されるほか、その他のウッドパネルも各種用意される。650W、10スピーカーのベントレーオーディオシステムも標準装備され、パワフルなサウンドがパッセンジャーを楽しませてくれる。

ベントレー・ローテーションディスプレイもチョイス可能

ダッシュボード中央には、W12モデル同様にドライバー視点の設計と完全デジタル化を実現した最先端のインストゥルメントパネルを配置。オプションでベントレー・ローテーションディスプレイも取り付けることができる。ローテーションディスプレイは3面ユニットで、シンプルなウッドパネルの面が回転すると12.3インチのタッチスクリーンの面や、優美な3連アナログメーターが現れるギミック。

ルーフライニングも8色から選択可能。オールシーズン楽しめる究極のグランドツアラーは、ルーフを閉じても好みのカラーで目を楽しませてくれるという訳だ。

モード選択が可能なベントレー・ドライブダイナミクス

今回、追加されたV8モデルにも当然ながらベントレー・ドライブダイナミクスを搭載する。 ドライブモードを切り替えることで、クラス最高峰の洗練された快適な走りからSPORTモードでの機敏なハンドリングまで、クルマが持つ最大限のパフォーマンスを堪能できる。卓越したハンドリングを実現するため、中空で軽量タイプのアンチロールバーを前後に搭載した。

ダイナミックライドシステムで快適性と横方向のロールがコントロールされたことで、パッセンジャーへの不快な挙動が抑えられ、エフォートレスかつ正確無比に走行している感覚が得られるという。

搭載するエアサスペンションには3チャンバーエアスプリングを採用。快適な乗り心地とダイナミックな走りを一段と向上させた。ドライバーが選択したモードに応じ、スポーツ走行向きの硬めのバネ設定から贅沢なリムジンのような洗練された乗り心地まで幅広く対応する。

抜群のドライビング性能を実現させたデバイスの数々

アクティブAWDシステムは、走行状況に応じて前後のトルク配分を変化。通常は可能な限り後輪駆動で走行し、効率の良いダイナミックな走りを実現する。

ドライバーへのフィードバックに優れた電動パワーアシストステアリング(EPAS)も搭載。EPASには可変ラックレシオを採用し、大きな操舵角での応答性を高めて操縦性をアシストしつつ、高速では優れた安定性を確保する。このV8モデルは、アクティブレーンアシストやトラフィックジャムアシスト、パークアシストなど充実のドライバーアシストシステムも確保した。

また、連続可変ダンピングコントロール(CDC)は、道路からの入力情報、車両の挙動、ドライバーの要求に応じて減衰力を絶えず調整し最適な乗り心地とハンドリングを実現。CDCは車速を常に計測しながらコーナー毎に各ホイールと車体との距離を測定し、快適性と操縦性のバランスを最適化する。

【車両本体価格(消費税8%込)】
コンチネンタルGT V8 :2452万6800円

コンチネンタルGT V8 コンバーチブル:2687万400円

【問い合わせ】

ベントレー・コール

TEL 0120-97-7797

(GENROQ Web GENROQweb編集部)

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ