このページの先頭です このページの本文へ

パリモーターショー2014

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > パリモーターショー2014 > ニュース > 荒ぶる猛牛のシルエットがかっこいい! ランボルギーニ、米ストリートアーティストとコラボした「アヴェンタドールS」特別モデル発表

ここから本文です
モーターショー
2019.8.18

荒ぶる猛牛のシルエットがかっこいい! ランボルギーニ、米ストリートアーティストとコラボした「アヴェンタドールS」特別モデル発表

 イタリアのスーパーカーメーカー「アウトモビリ・ランボルギーニ」は8月16日、米国のアーティストがデザインを手がけた特別なコラボモデル「アヴェンタドール S by スカイラー グレー」を発表しました。

 コラボモデルのベースとなっている「アヴェンタドール S」は、最大740馬力、最大トルク70.3kgf-m(690Nm)を出力するV12エンジンを搭載したランボルギーニのフラッグシップに位置づけられたスーパーカー。2017年から販売されています。

 そのアヴェンタドール Sをキャンパスに見立て、エンブレムにも採用されている「猛牛」にインスパイアされたアートを施したのが、今回発表された「アヴェンタドール S by スカイラー グレー」。オレンジを基調に、イエローとホワイトを使って、側面にキャンベルのスープ缶から雄牛が飛び出し、走り出す姿を描いたランボルギーニらしいアグレッシブな印象を与えるデザインに仕上げています。

 このコラボマシンのデザインを手がけたのは「ストリートアートのプリンス」の異名を持つ米国のポップアーティスト、スカイラー・グレー(Skyler Grey)さん。まだ19歳ながらもアンディ・ウォーホルらポップアートの巨匠と比較されるなど、とても高い評価を得ています。

 「アヴェンタドール S by スカイラー グレー」は、米国のカリフォルニアにある「ペブルビーチ・ゴルフコース」で開催されるモーターショーに出展するランボルギーニのスペースで展示されます。

(ねとらぼ交通課 )

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ