このページの先頭です このページの本文へ

パリモーターショー2014

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > パリモーターショー2014 > ニュース > 【試乗】2007年から進化し続けたR35GT-Rの完成型か! 2020年モデルGT-R NISMOの究極っぷり

ここから本文です
ニューモデル
2019.7.21

【試乗】2007年から進化し続けたR35GT-Rの完成型か! 2020年モデルGT-R NISMOの究極っぷり

 一般道でも十分通用する快適性

 2013年に日産GT-RのCPS(チーフプロダクトスペシャリスト)になった田村宏志さんは、「GTゾーン」と「Rゾーン」の比率を変えた2つのGT-Rを展開、それが基準車と呼ばれる「GT-R」とサーキットスペックの「GT-R NISMO」だ。基準車は2年前の大幅改良でグランツーリスモとして洗練された走りと内外装を手に入れたが、今回の2020モデルはGT-R NISMOの改良がメインとなる。

 本サイトではすでに日本仕様のサーキットインプレッションや2020モデルの詳細情報をお届け済みだが、今回筆者はドイツ・ベルリン近郊の一般道や速度無制限のアウトバーン、そしてかつてDTMも開催されたサーキット(ユーロスピードウェイ・ラウジッツ)で試乗を行なった。その目的は……トータル性能のチェックである。

 まず、ベルリン近郊のホテルからラウジッツまでの約135kmのツーリングだ。「一般道は基準車で行きたいなぁ」と思いながらスタート。これまでサーキットベストのGT-R NISMOは一般道での乗り心地に関しては割り切る覚悟も必要だったが、2020モデルはそれが当てはまらない。あまりの快適性の高さにサスペンションのモードがコンフォートになっているかと勘違いしたくらいである。硬い柔らかいで言えば硬い部類に入るが、カーボンセラミックブレーキや軽量アルミホイールによるバネ下重量の軽量化や新開発のタイヤ、ダンパーの最適化も相まって、足の動きも軽やかつ路面の細かい凹凸も巧みに吸収してくれる。

 エンジンは600馬力/652N・m(欧州仕様)のスペックに変更ないものの、新型ターボの採用でハイパフォーマンスでありながらアクセルレスポンスや過給の滑らかさは基準車譲りとなっている。カーボンセラミックブレーキは街乗り領域でも繊細なコントロール性と優しいタッチに感激。高性能ブレーキ特有の“鳴き”も、今回乗った限りはまったく感じなかった。

 街中を抜けてアウトバーンへと進む。街中で感じた印象に加えてエアロデバイスも味方となり、一切手に汗に握ることなくクールに200km/hオーバーの“ハイスピードクルージング”を楽しめる。ちなみにアウトバーンの速度無制限区間での最高速チャレンジをメーター読みで308km/hを記録した。

 じつは今回の試乗車はサーキット向けのアライメント値だったそうだが、それを差し引いても直進時安定性は非常に高く、改修工事で車線が狭い区間は、従来モデルだとワンダリングで手に汗握った覚えがあるが、2020モデルはステアリングに軽く手を添えるだけでビシーッと走ってくれた。

 このように2020モデルの一般道~アウトバーンでの印象は、従来モデルの荒々しさが消え、動的質感の高さを含めて基準車に近づいたように感じたが、気になるのはGT-R NISMOの本拠地であるサーキットでのパフォーマンスだ。じつは「GT性能を高まったことでR性能に陰りがあったらどうしよう?」と心配もしたが、単なる杞憂に終わった。

 絶対性能の向上はもちろん懐の広さが増した

 サーキット試乗は従来モデル(2017モデル)との比較試乗もできたが、2年前は「凄い!!」と思っていた従来モデルが色あせてしまうのほど進化幅だ。

 まず、クルマがひとまわり軽く・小さくなったかのような身のこなしの軽さを感じた。2020モデルは従来モデルより20kg軽量化されているが、S字のような切り返しではまるで100kgくらい軽くなったのかと思ったくらいクルマの動きにダルさがない。結果としてドライバーの細かな操作にクルマがより忠実に反応してくれるので、一体感も高まっている。このあたりはカーボンルーフ、カーボンフードなど原理原則に基づいて行なわれた軽量化が数値以上の効いているはず。

 ハンドリングは従来モデルよりも回頭性のアップやアンダーステアの低減、更にトラクション性能のアップを感じた。実際にVDC-Rモードで走らせてみると、明らかに従来モデルより2020モデルのほうが制御の介入が少ない。さまざまな要因があると思うが、そのなかでもタイヤの進化が大きいだろう。

 パワートレインも新ターボのレスポンスの良さが一般道以上に効いていて、アクセルを踏んだ際のタメがなくなっているのと、従来モデルだと2速に落としたくなるコーナーでも2020モデルなら3速のままでOK……と言うくらいの過渡領域での力強さとフレキシブルさが備わっていた。

 また、カーボンセラミックブレーキは絶対的な制動力の高さはもちろん、何周走ってもまったく変化のないタッチとフィーリングでドライバーのほうが先にヘタってしまうくらい。一度味わってしまうと、あれだけ凄いと思っていたはずの従来モデルのスチールブレーキが不安に感じてしまうほどだった。

 そろそろ結論に行こう。2020モデルの進化は単純な速さのレベルアップに留まらず、その性能を誰でもラクに安心して引き出せる性能を手に入れた。従来モデルはチューニングカーらしい荒々しさが良くも悪くも“個性”の一つだったが、2020モデルは走りの方向性が基準車の45度線上に収まったように感じた。

 田村さんは常日頃「GT-Rは『GT』と『R』のバランスが重要」と語っていたが、2020モデルのGT-R NISMOは2007年以来進化・熟成を重ねてきたR35 GT-Rの“ファイナルアンサー”と言ってもいいのかもしれない。

(WEB CARTOP 山本シンヤ)

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ