このページの先頭です このページの本文へ

パリモーターショー2014

ここから本文です

メルセデス・ベンツ AMG GT

9月15日、ドイツAMG本社で正式なデビューを飾った「メルセデス-AMG GT」だが、ショープレミアはここパリMSだ。先代のSLS AMG GTより一回りコンパクトなボディに462psを発生するAMG製の4.0LV8ツインターボエンジンを搭載し、0-100km/hは4秒フラット、最高速度は304km/h。一方、510psを発生するハイチューンユニットを搭載する「メルセデス-AMG GT S」は0-100km/hを3.8秒で駆け抜け、最高速度は310km/hに到達する。ライバルは当然、911で、今回新たに「メルセデス-AMG」のネーミングを取ったあたりらかも気合がうかがえる。トランスミッションは7速デュアルクラッチ式のAMGスピードシフトDCT 7 。デザインは先代SLSの面影を残しつつも、最新のCやSクラスモデルと共通する流麗な曲面が多用されている。ロングノーズFRのプロポーションながら、ほぼアルミ製のボディは、前後車両重量47:53を実現する。欧州参考燃費はノーマルGTが9.3L/100km、GT Sが9.4-9.6/100km。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ