掲載期間:2018年3月29日〜2018年4月29日

ニューヨークモーターショー2018

北米モーターショーの草分け的存在の国際モーターショー

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > ニューヨークモーターショー2018 > ニュース一覧 > 「ロックスター」は光岡自動車の新たな方向性を示唆する一台

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.2

「ロックスター」は光岡自動車の新たな方向性を示唆する一台

光岡自動車の創業50周年記念モデル「ロックスター」が11月29日(木)に正式に発表され、12月1日(土)より受付を開始している。

限定生産されるこの車両は、マツダNDロードスターをベースにしたモデルだが、光岡の既存モデルとは全く異なる1台となっている。光岡といえば、丸目のヘッドライトを使用した欧州のクラシックカー然とした車両(唯一、光岡オロチは例外といえるが…)というイメージが強いが。このモデルはアメ車の雰囲気を色濃く反映した一台だ。

光岡自動車の50周年を記念する一台なら、これまで光岡自動車が手掛けてきたその欧州クラシックテイストの究極の一台を作るということも考えられたのではないかと思うのだが、これについて、光岡自動車の渡部 稔・事業部営業企画本部担当執行役員は

「光岡は、国内で10番目の自動車メーカーでありますが、他にもアメ車販売を手掛けるBUBU、そしてランボルギーニ、マセラティ、フォルクスワーゲン、アウディ、キャデラック、シボレーといったさまざまなブランドのディーラーも持っています。今回の記念車はそういった光岡自動車全体での50周年を祝うという意味があります。そのお祝いという意味の賑やかな感じ、理屈抜きに楽しさを感じられるクルマがこのロックスターです。アメ車っぽいというのも、BUBUでアメ車販売に携わってきた我々の独創性という合わせ技の逸品です」

と語る。

渡部執行役員は、光岡自動車のデザイナーである青木孝憲・事業部開発課課長と、数年前からアメ車をテーマにした新型車を作りたいと、常日頃話し合っていたという。今回の50周年記念モデルについても、渡部役員が若いころに憧れたVWカルマンギアをイメージしたものをデザイナーである青木課長に依頼したのが、そのきっかけであったという(最終的にはカルマンギア案ではないこのロックスターに落ち着いたのだが…)。

「ロックスター」は光岡の50周年の記念車ではあるが、光岡のこの先の50年を見据えたクルマともいえる。200台の限定車だが、そのうちの50台を、事前に光岡自動車の顧客向けに先行受付を行なったところ、早々に完売となっている。

渡部執行役員は「光岡自動車はこれまで、ここまでの冒険はしなかったのではないかと自分は思っています。今回これをやったことで、新しい方向性の一つを見つけられたという安心感を実は持っています」と語る。

先行の50台を予約したのは、既存の光岡ブランドの車両のユーザーではなく、光岡自動車が手掛けるディーラーや中古車事業の顧客だったという。

光岡自動車の創業者である光岡 進会長はこのロックスターをどう思っているのか、と気になるところだが「会長は当初『どういう方が買われるのか?』という心配をしていたようですが、フタを開けてみたら先行の50台が完売ということで、こういうクルマも売れるんだねという感想をおっしゃってました」と渡部氏。また、この発表会に同席した光岡章夫社長も、この方向に新たなユーザー層があることもわかり「ここも行けそうだ」と実感したという。

「たとえばビュート(日産マーチベースのセダン)。あれ自体は完成されたモデルで、一つの世界を作ったと言えます。今回のロックスターは、新たに光岡のファン層を付け加えられたようなイメージを持っています。今までの光岡プラスα、別のユーザー層をロックスターで見つけられた、広がりそうだというイメージです」と渡部氏。これまでとは異なる、新たな光岡のラインナップが増える、そんな可能性もありそうだ。

なんといっても、このロックスターの成功がそのカギになることはいうまでもない。

光岡ロックスターは、ボディカラーに、ロサンゼルスブルー、シカゴレッド、ニューヨークブラック、シスコオレンジ、ワシントンホワイト、アリゾナイエローの6色をラインアップ。シートや幌、ドアミラーカバーなど多くのカラーオプション設定を用意しており、ホイール&タイヤは通常は16インチだが、オプションで15インチのヴィンテージタイヤ&ホイールセット(メッキホイールにBFグッドリッチ・ラジアルT/Aを履く)も用意する。

車種展開は「S」(6速MT: 469万8000円)と「S Special Package」(6速MT:498万4200円/6AT: 518万4000円)の2グレード3タイプを用意する(価格はいずれも税込み価格)。

(clicccar 青山 義明)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

Facebookcarview!の最新情報をチェック!

日本最大級のクルマ総合情報サイト

みんカラ