掲載期間:2018年3月29日〜2018年4月29日

ニューヨークモーターショー2018

北米モーターショーの草分け的存在の国際モーターショー

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > ニューヨークモーターショー2018 > 日本車一覧 > スバル フォレスター の詳細情報

ここから本文です

スバル フォレスター

5代目フォレスターのトピックは「スバル グローバル プラットフォーム」、「ドライバーモニタリングシステム」の採用や、直噴化した2.5リッター水平対向4気筒エンジンと進化した「X-MODE」の搭載などとなっている。

現行インプレッサから採用されているスバル最新の「スバル グローバル プラットフォーム」が採用され、ボディサイズは全長4625mm(+15mm)、全幅1815mm(+20mm)、全高1730mm(-5mm)、ホイールベースは2670mm(+30mm)となった(カッコ内は先代比、ルーフレール付)。ホイールベースの拡大により居住空間が広くなり、後席のレッグスペースが拡大した。またリアドアの開口部も拡大したことで乗降性も向上している。さらに最大1300mmの荷室開口部とスクエアな形状のカーゴスペースを得て、積載性も向上した。

スバル初採用の「ドライバーモニタリングシステム」は、車内に設置されたカメラによってドライバーを認識し、走行中はドライバーの状態をモニタリングする。最大5人まで登録でき、それぞれが設定したシートポジション、ドアミラー角度、空調設定を自動調整してくれる。走行中は居眠りやわき見運転を感知し、アラームで警告を行う。アイサイトはバージョン3の搭載となり、全車標準装備となった。

ほかのモデルを見る

一覧を見る