掲載期間:2018年3月29日〜2018年4月29日

ニューヨークモーターショー2018

北米モーターショーの草分け的存在の国際モーターショー

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > ニューヨークモーターショー2018 > 日本車一覧 > ホンダ インサイト の詳細情報

ここから本文です

ホンダ インサイト

デザインは今年始めのデトロイトショーでプレビューされた通り、クーペのようになだらかに弧を描いて後方に落ちるルーフラインや6ライトのウインドウグラフィック、最新のホンダ顔であるフライングウイング・グリルなどを採用。そのシルエットからは空力を意識しつつも後席の頭上空間を稼いだ苦労の跡が伺える。

基本プラットフォームは10代目シビックから譲り受け、アルミニウム製のエンジンフードなどを採用して軽量化。前:マクファーソンストラット/後:マルチリンクのサスペンション形式も受け継いでいる。

HVシステムは現行アコードも採用するホンダ第3世代の2モーター式で、一回りコンパクトな1.5Lアトキンソンサイクルエンジンに駆動モーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせている。システム出力は151hp/トルクは267Nm。クラストップのパワーウェイトレシオ、市街地(City)燃費は最高55mpgで、例えば北米版「プリウス」(54mpg)と比べると、燃費特化グレード「Two Eco」(58mpg)を除き、わずかに上回る。

ドライバーアシスタンスはレーンキープアシスト、車線逸脱防止、低速追従機能付ACC、標識認識などを標準装備。上位グレードのEXはホンダ・レーンウォッチやマルチアングルカメラを備える。

ほかのモデルを見る

一覧を見る