このページの先頭です このページの本文へ

ニューヨークモーターショー2018

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > ニューヨークモーターショー2018 > 日本車 > トヨタ カローラハッチバック

ここから本文です

[動画] トヨタ カローラハッチバック

カローラハッチバックは、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を用いて開発されたプラットフォームやパワートレイン(2リッター直列4気筒直噴エンジン、ローギア付きCVT/新開発6速MT)によりメカニズムが一新されている。

ニューヨークオートショーで披露されたハッチバックモデルのボディサイズは全長4370mm×全幅1790mm×全高1435mmで、現行モデルに比べ、25mm低く、30mmワイドとすることで、安定感ある低重心フォルムを完成させている。フロントマスクはトヨタデザインの共通言語といえる「キーンルック」を採用し、立体的な造形のなかにスポーティさを感じさせるものに仕上げた。

※無音映像です

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ