このページの先頭です このページの本文へ

デトロイトモーターショー2018

ここから本文です

フォード エッジ ST

中型SUV「エッジ」のマイナーチェンジモデル。搭載する2リッター直4エコブーストはさらなる高出力化と低燃費化が図られたほか、最新モデルらしくステアリングアシストやアダプティブクルーズコントロールなど運転支援機能が充実している。ドライビングプレジャーを追求した「ST」グレードが設定されたのも大きなニュースだ。

クラス最強の2.7リッターV6は335馬力を誇り、8速ATを介して4輪を駆動。ブレーキやサスペンションも高められた出力に見合うスペックへと強化されている。昨年フォードは全米でのSUVのセールスが過去最高を記録したが、エッジのマイチェンはその余勢を駆ってさらなる一手を打ってきた印象だ。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ