掲載期間:2017年12月26日〜2018年1月25日

デトロイトモーターショー2018

正月ボケを吹き飛ばす2018年最初の国際モーターショー

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > デトロイトモーターショー2018 > ニュース一覧 > ピックアップ・トラックは、現代自動車の次なる一手か ドゥンカーヴォルケが明かす

ここから本文です
ニューモデル 2018.12.3

ピックアップ・トラックは、現代自動車の次なる一手か ドゥンカーヴォルケが明かす

サンタ・クルーズ市販化へ

現代自動車が、新型ピックアップ・トラックの量産化へ向けて動いている。ベースとなるのは、2015年に発表されたサンタ・クルーズ・コンセプトである。

韓国の雄は、北米市場にとって不可欠なピックアップ・トラック車を長く待ち望んできた。しかし、他車種の開発や電動化を優先しなければならず、これまで後回しになっていた。

現代自動車のチーフ・デザイン・オフィサーとして活躍するルーク・ドゥンカーヴォルケは、AUTOCARの取材に対し、次のように語っている。

「2015年のデトロイト・モーターショーでお見せしたピックアップ・トラックが、現代ブランドで開発を進められています」

正式発表はいつ?

発表時期について尋ねると、「可能な限り早く、ですね。わたくしの立ち回り(=デザイン)としては完了しております。現在は量産化へ向けたプロセスを進行していますよ」と答えてくれた。

可能性が高いのは2020年のローンチだ。狙うはフォード・レンジャーやトヨタ・タコマといった定番車が強い北米のコンパクト・トラック・マーケット。さらにはフォードF-150というフルサイズのセグメントということになろう。

このカテゴリーこそ、現代自動車がグローバル・マーケットに一層のアピールをする礎になることが期待されているのだ。

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

Facebookcarview!の最新情報をチェック!

日本最大級のクルマ総合情報サイト

みんカラ