このページの先頭です このページの本文へ

デトロイトモーターショー2018

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > デトロイトモーターショー2018 > 日本車 > アキュラ RDX プロトタイプ

ここから本文です

アキュラ RDX プロトタイプ

RDXは主に都市部の若い層をターゲットとする、プレミアム感のあるエントリーSUVとして2006年に登場。現行モデルである2代目は2012年に若干ボディサイズを拡大して発売された。今回の3代目は最新のアキュラデザインコンセプトである「アキュラ プレシジョン コンセプト」、「アキュラ プレシジョン コックピット」を全面的に採用した最初のモデルで、「アキュラブランドの新たな時代の始まりを示すモデル」と謳われる。

パワートレーンは2.0L直噴VTECターボエンジンと、米国のエントリープレミアムSUVセグメントとしては初となる10速ATを採用。4輪の駆動力をコントロールするSH-AWD(四輪駆動力自在制御システム)や、新開発プラットフォーム、軽量かつ高剛性なボディなどとの組合せにより、力強い加速とリニアなハンドリングを実現したという。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ