このページの先頭です このページの本文へ

デトロイトモーターショー2016

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > デトロイトモーターショー2016 > ニュース > 期待のラグジュアリーSUV! 6人乗りの「キャデラックXT6」がいよいよ2020年1月に日本導入

ここから本文です
ニューモデル
2019.12.05

期待のラグジュアリーSUV! 6人乗りの「キャデラックXT6」がいよいよ2020年1月に日本導入

 XT5とエスカレードの中間に位置するモデルとして導入した

 ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)はユーティリティ性や最新のデザイン性、安全性を兼ね備えた6人乗り新型クロスオーバーSUV「キャデラックXT6プラチナム」を2020年1月1日(水)から発売する。価格(税込み)は870万円。GMジャパンの若松格社長も期待を寄せるモデルだ。

 XT6のボディサイズは全長5060mm、全幅1960mm、全高1775mm。5人乗りのミドルサイズラグジュアリーSUV「キャデラックXT5」とキャデラックSUVのフラッグシップモデルである7人乗り「キャデラック エスカレード」の中間に位置するモデルとして誕生した。

 XT6は2019年デトロイトモーターショーで発表された。空力特性に優れ、均整のとれたプロポーションと、昼夜を問わず遠くからでもひと目でキャデラックとわかるスタイリングが特徴的だ。スリムで縦基調のデイライトや高輝度のクリスタルメッシュグリルを組み合わせることで、エレガントで存在感のあるスタイリングを実現。ロワグリルやサイドミラー、リヤスポイラーは空力や冷却機能、視認性を高めるため効率的にデザインされている。XT6のロゴをあしらったサイドモールディングやイルミネーティングドアハンドルなどにより、キャデラックらしい個性を際立たせた。

 最大の強みであるクラストップのインテリアスペースは、2列目キャプテンシートの間を通って気軽に3列目シートに乗り込むことができるなど、仲間や家族とゆったり過ごすことができるよう工夫が凝らされている。2列目、3列目のレッグスペースとヘッドクリアランスもゆとりのあるスペースを確保し、6人の乗員全員が快適でゆったりとしたドライブを楽しむことができる。

 さらに、乗員全員の快適性を実現するため、各シートの温度を最適化するイオン発生機を備えたトライゾーン空調システムをはじめ、シートヒーター(1&2列目)、ベンチレーションシート(1列目)、ウルトラビューパノラマサンルーフ、クラストップの静粛性を持つアクティブノイズキャンセレーション技術など多彩な機能や装備を搭載。電動可倒式の2列目キャプテンシートと電動可倒+倒立式の3列目シートは大きな荷物を積む際の利便性の向上にも貢献する。

 内装は、洗練されたラグジュアリーな空間を演出する。トリム表皮、ルーフライナーのスウェード材、セミアニリン仕上げの本革シートに加え、こだわりのクラフトマンシップから生まれたウッド加飾などの厳選した素材を採用。オーディオにはキャデラック初となるBOSE Performance Series Sound Systemを搭載。XT6のために特別にチューニングされた14個のスピーカーが、キャビン全体に豊かな音場をもたらす。

 パワートレインは最高出力314馬力、最大トルク368N・mを発揮する、LGX3.6リッターV6エンジンを搭載。パワーの伝達効率向上のため新設計された9速ATを組み合わせる。スムースで軽やかに走り出すことができ、従来の8速ATに比べてシフトアップに気づかないほどスムースな変速を実現。高速道路巡航時などは、アクティブフューエルマネージメントによって4気筒化し、燃費性能の向上に寄与する。さらに滑りやすい路面でも安定した走りを実現するインテリジェントAWDに加え、ドライビングシーンに合わせて最適なドライブモードが選択可能だ。

 最新の安全機能やナビアプリも搭載してより使い勝手を高めた

 もちろん、運転支援機能と安全装備も充実させた。対向車を直接照らすことなく、つねに最適な夜間の視界を確保するインテリジェント・マトリックスLEDヘッドライトを標準装備するほか、アダプティブクルーズコントロールやサイドブラインドゾーンアラート、リヤカメラミラー、歩行者対応リヤブレーキなど20以上の最新安全装備を搭載した。

 新世代インフォテイメントシステムと、最新のナビゲーションアプリも搭載する。演算プロセッサーとメモリ領域の拡大で、格段にレスポンスが向上したインフォテイメントは、ゼンリンデータコムと共同開発した完全通信車載ナビ「クラウドストリーミングナビ」と組み合わせることで、トンネルなどGPSでは測位できない状況でも自律航法を行うことができる。最新の地図を常にストリーミングし、データ更新の煩わしさを排除している点も見逃せない。

 また、Apple CarPlayやAndroid Autoとすぐに連携できるだけでなく、NFC対応のスマートフォンをかざすだけで、従来のペアリングの動作をせずにBluetoothの接続が可能。ロータリーコントロールのみならず、上下左右のコントロールを追加して、ユーザービリティを向上したジョグ+ロータリーコントローラーも搭載した。

 ボディカラーはラジアントシルバーメタリックをはじめ5色を用意する。インテリアカラーにはメイプルシュガー/ジェットブラックアクセントと、ジェットブラックの2種を展開する。

 また、XT6の日本市場導入を記念した特別限定仕様車「キャデラック XT6 NIGHT CRUISE EDITION」を2020年1月1日(水)から発売する。価格(税込み)は910万円で、国内販売は30台限定だ。

 外装色には日本未設定色のシックなグレーカラー「サテンスティールメタリック」、内装色には引き締まったアクティブなイメージを演出するジェットブラックに、アクセントのブロンズカーボンを施し、プレミアム感を一層高めた。最上級セダン「キャデラックCT6」に搭載した、熱感応式赤外線センサーで前方の人や動物を認識し、ドライバーに注意を促す最先端のセーフティ機能「ナイトビジョン」を特別装備。より安全な夜間移動をサポートし、運転中のストレスを軽減する。

 国内市場においてはよりコンパクトな「キャデラック XT4」の導入を望む声もあるが、若松社長は日本仕様として提供しやすく、SUVで狙うユーザー層に合わせた装備や安全性にすぐ対応できたことから、先行してXT6を導入したと経緯を説明。他社ブランドでもラグジュアリーなSUVモデルが増えていることについては、より多くの安全装備を標準で備えていることや、アメリカから生まれたSUVモデルの先頭を走るブランドとしての自負があると述べ、「そうした優位にあるポイントをユーザーに丁寧に伝えていきたい」と訴えかけた。

 日本市場において、キャデラックのSUVを求める新規ユーザーが増えてきている。今回発表されたXT6は、SUVラインアップ拡充による、新規客のさらなる獲得に重要な役割を持ちそうだ。

(WEB CARTOP WEB CARTOP編集部)

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ