このページの先頭です このページの本文へ

ロサンゼルスオートショー2017

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > ロサンゼルスオートショー2017 > ニュース > これぞ“総取り”? BMWが「8シリーズ・グランクーペ」にも「Mモデル」を設定!

ここから本文です
ニューモデル
2019.10.16

これぞ“総取り”? BMWが「8シリーズ・グランクーペ」にも「Mモデル」を設定!

高性能版「コンペティション」の0-100km/h加速は2ドア版と同じ3.2秒をマーク

BMWはこのほど、今年6月に本国デビュ―した新型8シリーズの4ドアクーペ版「8シリーズ・グランクーペ」に、BMW M仕様となる「BMW M8グランクーペ/M8グランクーペ・コンペティション」を設定したと発表した。初披露の場は11月22日に開幕するロサンゼルス・オートショー2019で、2020年4月より市場に導入される予定だ。

搭載されるエンジンは、日本でも発売されている「M8クーぺ/M8カブリオレ」と同様に、600ps/750Nmを発揮する4.4L V型8気筒ツインターボ。8速AT(Mステップトロニック)を組み合わせる。駆動方式は4WD、4WDスポーツ、2WDの3つのモードから選択できる「M xDrive」だ。

M8クーぺ/M8カブリオレと同様に、高性能版の「コンペティション」を設定。こちらはエンジンの最高出力が625psに高められており、0-100km/h加速タイムは標準のM8グランクーペ(3.3秒)より0.1秒短縮される3.2秒をマークする。これらのタイムはそれぞれ、2ドアモデルの「M8クーペ」、「M8コンペティション・クーペ」と同じというから驚きだ。

シャシーやサスペンション、ブレーキといったコンポーネントもMモデル専用仕立てで、走行モードにはステアリングホイールに備わるボタンで起動できる「Mモード」を設定。Mモードはサーキットトラックなどでのスポーツ走行に適しており、各種運転支援機能をオフにすることができる。




内外装は、基本的に「M8クーぺ」や「M8カブリオレ」と同じテイストだ。エクステリアでは、専用デザインの前後バンパーやフロントフェンダー後部に設置される「Mギル」、カーボンファイバールーフ、ツインエキゾーストパイプといったアイテムがMモデルであることを主張。インテリアでは、MスポーツシートやM専用ヘッドアップディスプレイが装備される。

装備面ではレーザーライトやナビゲーション付きライブコックピットプロフェッショナル、インテリジェントパーソナルアシスタント、パーキングアシスタントを含む先進運転支援機能が標準装備されている。




(LE VOLANT CARSMEET WEB 細田靖)

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ