このページの先頭です このページの本文へ

ロサンゼルスオートショー2017

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > ロサンゼルスオートショー2017 > ニュース > アウディQ4 eトロン 5番目のEV Q5よりわずかに短く幅広く ジュネーブ2019

ここから本文です
ニューモデル
2019.3.05

アウディQ4 eトロン 5番目のEV Q5よりわずかに短く幅広く ジュネーブ2019

もくじ

ー Q4 eトロン、2020年後半ローンチ
ー アウディの電動化攻勢 今後は?

Q4 eトロン、2020年後半ローンチ

アウディは、「Q4 eトロン」をジュネーブモーターショー2019にて発表した。アウディの電動モデルとしては5番目にあたる。

ローンチ時期は2020年の後半。これは、1番目のEV「eトロン」より1年あとの投入になることを意味する。

なお、

全長は4.59m、全幅は1.9m。アウディQ5に比べると、わずかに短く幅広い。「eトロン」や「eトロンGTコンセプト」と似通ったスタイリングであり、シングルフレームグリルやライトなどが特にそう感じさせる。

コンセプトの塗色は「ソーラー・スカイ」と呼ばれるもので、太陽光の赤外線を効果的に反射して、ボディやキャビンの温度上昇を抑える仕組みだという。これによりエアコンの使用頻度を下げ、航続距離を伸ばす目的である。

ホイールベースは2.77mで、トランスミッション・トンネルがないことと併せて、室内スペースも自慢のようだ。ダッシュボード上には2枚の大型スクリーンがしつらえられ、ミニマリズムを貫く。

プラットフォームは、フォルクスワーゲン・グループの電動車用MEBを使用。ちなみにより大きい電動アウディはMQプラットフォームを用いる。

トータルの出力は306ps程度と見込まれる。主に後輪を駆動し、トラクションが不足したり、フルパワーが必要になった場合に前輪も駆動する。

バッテリーはフロア下に敷き詰められ、容量は最大で125kWhに達する。30分で80%がチャージでき、WLTPサイクルでの航続距離は450kmという。

アウディの電動化攻勢 今後は?

アウディは、2018年9月に電気自動車のSUVモデル、「eトロン」を世界初公開して、電動化攻勢を開始。

2025年までに、アウディは全世界の主要な市場において、12の電気自動車を発売して、電動化モデルの販売台数を全体の約1/3にすることを目指している。

SUVのラインナップには、eトロンと、2019年にデビューするeトロン・スポーツバックが含まれる。

さらに、アヴァントやスポーツバックといった、従来型のボディを備えたモデルも導入される。

これからのラインナップは、コンパクトからラグジュアリークラスに至るまで、あらゆる市場セグメントを網羅することになる。

低い車高eトロンGTコンセプトは、ロサンゼルスモーターショー2018でデビュー。このクルマのテクノロジーは、ポルシェと密接に協力して開発されたが、デザインとキャラクターは、完全にアウディのDNAを受け継いでいる。このコンセプトカーは、2020年末までに市販モデルとして登場する予定。

プレミアムプラットフォームエレクトリック(PPE)は、アウディとポルシェの開発部門による特別な共同プロジェクトで開発されている。このプラットフォームは、B~D量産セグメントをカバーする、アウディの複数の電気自動車モデルファミリーの基盤を提供する。

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ