掲載期間:2017年11月22日〜2017年12月21日

ロサンゼルスオートショー2017

SUV大国アメリカで新型SUVが続々登場

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > ロサンゼルスオートショー2017 > ニュース一覧 > ボルボの「車両のないブース展示」をエヌビディアがVR技術で支援…ロサンゼルスモーターショー2018

ここから本文です
モーターショー 2018.12.5

ボルボの「車両のないブース展示」をエヌビディアがVR技術で支援…ロサンゼルスモーターショー2018

エヌビディア(NVIDIA)は、ロサンゼルスモーターショー2018におけるボルボカーズの「車両のないブース展示」を、エヌビディアのVR(バーチャルリアリティ)技術で支援した、と発表した。

ボルボカーズはロサンゼルスモーターショー2018のプレスデー初日に、メーカーとしてモーターショー史上初めて、ブースに1台の車両も展示しなかった。その代わりに、ボルボカーズのビジョンを示し、自動車の新しい可能性を提案している。

具体的には、イン・カー・デリバリー、カー・シェアリング、コンセプトカーの『360c』で示した自動運転のビジョン、サブスクリプションサービスの「Care by Volvo」など、さまざまなコネクティビティサービスに関するインタラクティブな展示を行った。

エヌビディアは、ロサンゼルスモーターショー2018におけるボルボカーズの車両のないブース展示を、エヌビディアのVR技術で支援した。完全自動運転が現実になった時、ドライバーレスの自動車が、オフィス、リビング、ホテルなどに変わる可能性を、VR技術を使って提示している。

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

Facebookcarview!の最新情報をチェック!

日本最大級のクルマ総合情報サイト

みんカラ