このページの先頭です このページの本文へ

ロサンゼルスオートショー2016

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > ロサンゼルスオートショー2016 > ニュース > BMW2シリーズに4ドアクーペの「グランクーペ」が登場! 11月のロサンゼルス・オートショーで初披露

ここから本文です
ニューモデル
2019.10.17

BMW2シリーズに4ドアクーペの「グランクーペ」が登場! 11月のロサンゼルス・オートショーで初披露

10月16日、BMWは2シリーズの4ドアクーペ版となる「BMW 2シリーズ・グランクーペ」を発表した。11月に開催されるロサンゼルス・オートショーで初公開され、2020年3月より欧州を皮切りに市場に導入される予定で、欧州市場での予定販売価格は「218i」で3万1950ユーロ(約383万円)、「M235i xDrive」で5万1900ユーロ(約622万円)だ。

新型1シリーズと同様に前輪駆動アーキテクチャーを採用

 ボディサイズは全長4526×全幅1800×全高1420mmで、ホイールベースは2670mm。コンパクトなボディサイズが特徴のこのモデル、4シリーズや8シリーズのグランクーペと同様に、流麗なルーフラインがスタリングの大きな特徴だ。


 外観では、大型のキドニーグリルやシャープさを増した前後のライトなど、新世代のBMW車を実感させるスポーティで洗練されたデザインを採用。4ドアクーペという独特のスタイルによって、このモデルの個性が際立っている。


 一方で、新型1シリーズと同様に前輪駆動アーキテクチャーの採用や、長めに設定されたホイールベースによって、キャビンは十分な広さが確保された。トランク容量は430Lあるが、後席シートバックには40対20対40の分割可能倒機構が備わり、さらにその容量を広げることができる。


 モデルバリエーションは、ガソリン車が「218i」と「M235i xDrive」の2機種、ディーゼル車が「220d」の1機種を設定。「218i」には140psと220Nmを発揮する1.5L直列3気筒ターボと、6速MTまたは7速DCTを、「M235i xDrive」には306psと450Nmを発する2L直列4気筒ターボと8速スポーツATを搭載。0-100km /h加速はそれぞれ8.7秒、4.9秒だ。


 ディーゼル仕様の「220d」には190psと400Nmを引き出す2L直列4気筒ディーゼルターボと8速ATを搭載。0-100km/h加速を7.5秒でこなす。


 2シリーズ・グランククーペも新型1シリーズと同様に、トラクション性能を大幅に向上させるだけでなく、アンダーステアを抑制して俊敏なハンドリングに寄与する「ARB(アクチュエーター・コンティニュアス・ホイール・スリップ・リミテーション)」を採用。質の高い走りを実現している。


 そのほか、運転支援システムやスマートフォンとの連携にも対応したコネクテッド技術、インチェリジェントパーソナルアシスタントといった先進装備を採用し、完成度の高い仕上がりとなっている。


(MotorFan MotorFan編集部)

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ